Entertainment

土屋太鳳の独特すぎる筆跡にみる意外な性格。まるでフォント!

 筆跡アナリストで心理カウンセラーの凛音です。

 今までさまざまな筆跡を見てきていますが、ときに驚くほど個性的な字に出合うことがあります。その一つが、まるで判で押したように整然と並ぶフォント風筆跡。見事にそろった筆跡は、独特な印象を与えます。

 そんな筆跡で最近話題になったのが、女優の土屋太鳳さんの字。


 今回は土屋太鳳さんの直筆メッセージから、フォント風筆跡の心理や行動傾向を見てみました。

ドライで論理的なタイプが多い“マス目文字”



 フォント風筆跡は、マスにはめ込んだように同じ大きさにそろっているので“マス目文字”と呼ばれています。このような字を書く人は理系気質なことが多く、論理的に物事をとらえるタイプ。またドライで感情の振れ幅が少ない傾向もあり、何事もわりと冷静に受け止めがちです。

 感情に振り回されないので、どんなことも淡々とこなすことができる反面、周囲からは「なにに興味があるのだろう?」と不思議がられることもしばしば。情が動きにくいので、恋愛が得意でない方も多いかもしれません。

ストイックで職人気質な“超コツコツタイプ”



 とはいえ、土屋さんの筆跡を細かくみていくと、ドライというよりももはや職人気質な傾向が。

 へんとつくりの間が大変狭いので、自分の信念を強く持ちコツコツと進めていくタイプです。文字間もぎっしり詰めているところを見ると、行動力やスピード感を大切にしているよう。しかも「口」の四隅がきっちり閉じられていて、字も線もすべてズレなく等間隔に並べているところからも、大変真面目でストイックな印象を与えます。

 書き始めからハネの先まで、しっかりと筆圧が保たれていたり、「口」の大きさが大きいところを見ると、気力体力も万全。やはり体育会系の片鱗がそこここに表れているよう。

 マス目文字との傾向を合わせて鑑みると、冷静に今やるべきことを着実に、しかも計画的に進めていく“超コツコツタイプ”といえそうです。

次のページ 
“右傾型”が不安定さを招く危険性も

1
2




あなたにおすすめ