Entertainment

この春、見逃せないドラマ5選。佐々木希から岩田剛典まで豪華キャストがズラリ

 新年度が始まる4月。環境が変わって慣れない生活にストレスを抱えている人もいるかもしれません。落ち込んだり、不安になったり、アタマにきたり、そんなあなたを癒してくれるのが、やっぱりドラマ。ドラマは心のサプリメント。

 ということで、この春外しちゃいけない注目の作品をチェック。

『デイジー・ラック』は新しい女性像に期待



「デイジーラック」NHK

「デイジーラック」NHK公式サイトより http://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/

『デイジー・ラック』(NHK総合、4月20日金曜22時スタート)は、社会現象にもなった『逃げるは恥だが役に立つ』(TBSテレビ系)と同じく、海野つなみの漫画が原作。4人の30歳女子が幸せを求めて、仕事に恋に悩みながら奮闘する物語。

 勤務先が倒産し、恋人にもフラれ、心機一転パン職人を目指す主人公をはじめ、個性的なキャラクターがそろいます。フリーライターの筆者としては、中川翔子演じるフリーのバッグ職人が気になりまくり。しかも彼女は貧困に悩んでるって、なんかリアル…。女性はきっと4人の誰かに自分を投影できるのではないかと。ああ、グサグサきそう。


 4人の30歳女子を演じるのは、佐々木希、夏菜、中川翔子、徳永えり。海野つなみが今度はどんな現代の女性像を見せてくれるのか、どんな生き方を提案してくれるのか、とても楽しみです。それにNHKって、今年1月放送の『女子的生活』(NHK総合)もそうでしたが、心の機微を丁寧に描いてくれる上質なドラマを作ってくれる印象。だから、すごく期待しています。

不気味な三田園に惚れる『家政夫のミタゾノ』



家政夫のミタゾノ

「テレビ朝日系金曜ナイトドラマ 家政夫のミタゾノ オリジナル・サウンドトラック」ONE MUSIC RECORDS

 2016年に放送され、視聴者に衝撃を与えた『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系、4月20日金曜23時15分スタート)が帰ってきた~! 某ドラマのタイトルをなぞってるし、女装した主人公は立派な体躯がどう見ても男だし、最初はどういうスタンスなのか分からずふざけているのかと思ったら大真面目。

 松岡昌宏演じる家政夫の三田園の常人離れをした仕事っぷりは、笑いつつも「ほお~」と感心してしまいます。派遣先の家庭の秘密を暴きながら、ちゃっかり問題解決に導くダークヒーローっぷりは爽快。よくできたドラマだなぁと。今回は新キャストの剛力彩芽とタッグを組むそう。神出鬼没でクレージーな彼女を早く見たい。

キュートな主人公を楽しみたい『正義のセ』



「正義のセ」日本テレビ

「正義のセ」日本テレビ公式サイトより https://www.ntv.co.jp/seigi-no-se/

 阿川佐和子原作の小説をドラマ化した『正義のセ』(日本テレビ系、4月11日水曜22時スタート)。新米検事の奮闘物語というのでもっとお堅いイメージだったのですが、番組の公式ホームページを見るとだいぶポップな印象。昨年人気を博した『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)と同じスタッフがそろうらしく、またアラサー女子のどたばたぶりが見られそうです。

 主人公の竹村凜々子演じる吉高由里子がイマドキ女子でとにかくかわいらしい。昨年公開の主演映画『ユリゴコロ』では危うい色気を漂わせていましたが一転。どんな役がきてもそれに合った雰囲気をまとう女優さんだなぁとつくづく思います。

 また、人気俳優の安田顕や三浦翔平のほか、NHK連続テレビ小説『わろてんか』の広瀬アリス・大野拓朗、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の平埜生成など、旬の俳優が出演するのも楽しみ。

次のページ 
田中圭に恋する吉田鋼太郎?『おっさんずラブ』

1
2
あなたにおすすめ