Gourmet
Beauty

その「ほうれい線」…食生活のせいかも!オバ顔にならない食べ方のコツ

「サビ」もこわいが、「コゲ」もダメ。

抗糖化 ほうれい線 健康やアンチエイジングを意識していると、体の「酸化(さんか)」という言葉はよく耳にするのではないでしょうか。これはわかりやすく言えば、活性酸素によって体が“サビ”ること。しかしそれと同等に問題となる「糖化(とうか)」については、まだまだ知らない人も多いはず。

 糖化とは、食品に含まれる「糖類」が「たんぱく質」と結びついて茶色くなったり固くなる化学反応で、通称“コゲる”という現象。体が糖化すると、美容的には、肌のシワ・たるみなどを引き起こしてしまいます。美肌作りを考える上では無視できない問題なんです。

 でもどうやったら「抗糖化」な食べ方ができるの? はい、今回はそれを解決すべく、「抗糖化な食べ方のコツ」を5つご紹介してみたいと思います。

(1)野菜・きのこ・海藻を積極的に食べる


野菜・きのこ まず意識すべきは、ごはん・パン・麺類・スイーツなどの「炭水化物」をいきなり単独で食べないこと。これは、AGE(※)が作られやすい“食後高血糖”を防ぐことにつながります。コツとしては、糖の吸収を穏やかにする「野菜・きのこ・海藻類を一緒に食べる、もしくは最初に食べること」。また、「たんぱく質や脂質と一緒に食べること」も有効ですから、パスタにオリーブオイル、パンにチーズといった工夫がオススメです。

※AGE:終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)。タンパク質と糖が加熱されてできた物質のこと。老化を進める原因物質とされている。

(2)焼き物・揚げ物の「焼き目」「焦げ目」に注意する。


コゲ 焼き目 焦げ目 肉や魚などの焼き物、揚げ物、オーブン調理では、調理の過程で多くのAGEが生成されてしまします。100℃以下での調理が可能な「蒸す」、「茹でる」といった調理法の頻度を高めていくことは効果的でしょう。

(3)酢で下ごしらえをする


肉と酢 肉料理であっても、酢で下ごしらえすることで、高温調理によるAGE生成が抑えられるそうです。(酢に含まれる「クエン酸」が、ブドウ糖を燃焼させるシステムの働きを高める作用があるため。)肉を焼いたり揚げたりする場合には、酢を含んだ調味液に漬け込む手法が便利。酢メーカーのウェブサイトには、漬け込みレシピがたくさん紹介されています。酢は肉を柔らかくする効果もあるため、一石二鳥の調味料とも言えます。

(参考)
やさしいお酢で漬け焼き! ~さっぱりお肉のレシピ~(ミツカンウェブサイト

次のページ 
今すぐ取り入れたい、「抗糖化」の食材って?

1
2
あなたにおすすめ