Gourmet

「めんつゆ」は買うより作るが正解!だしパックで超カンタン、味は感動級♪

出来ためんつゆ みりんは、本格みりんを使用する場合、加熱をしてアルコール分を飛ばす工程が必要ですが、面倒な人は、リーズナブルな「みりん風調味料」で十分です。また、「ごまだれ」を作りたい場合は、白ゴマペーストを大さじ6をボウルに入れ、荒熱の取れためんつゆを少しずつ注ぎながら攪拌(かくはん)して調合してください。  出来ためんつゆは、フタ付きボトルに入れて冷蔵庫へ。急ぎで使いたい場合は、氷水を張ったボウルで急冷させると良いでしょう。だしの風味が効いためんつゆは、格別の味わい。おいしく楽しめるのは、冷蔵保存で2~3日です。  所要時間10分。かかる経費は、だしパック1袋20円~70円+しょうゆ+みりんですから、100円未満。市販つゆと比較しても、決して高くはないはずです。さあ、気になる方は是非お試しを! <TEXT,PHOTO/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【スギ アカツキ】 食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。@akatsukinohana
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ