♂&♀

正直萎える…H直前に男性が彼女のデリケートゾーンで“気になるコト”トップ3は…

 愛する彼とのセックス。シャワーも浴びて、あとは彼の待つベッドに入るだけ……というドキドキのタイミングに、ふとこんな不安が胸をよぎったことはありませんか?

彼が積極的に「洗ったけど、生理前だし、デリケートゾーンのニオイ本当に大丈夫かな……」
「彼の愛撫で濡れなかったり、途中で乾いたりしたら、どうしよう……」

 急にそんな心配事が出てきても、もう逃げ場はありません。このままデリケートゾーンの気になる悩みを抱えたままだと、きっと心から楽しめないでしょう。こんなベッド直前の悩み、どうすればいいのでしょうか?

デリケートゾーンの不安は彼の不満と一致!


 女性のカラダはとてもデリケート。その日のバイオリズムによって、デリケートゾーンのニオイや潤い、感度など、なんとなく違和感を抱くことがあります。彼との大切な日に限って、ニオイが気になってしまったり、緊張して濡れにくかったり、途中で乾いてしまったり……。女性のデリケートゾーンの悩みは尽きません。

デリケートゾーン 男性は女性のデリケートゾーンについて、どのように思っているのでしょうか?LCラブコスメが男性100名を対象に「ラブタイム直前の女性のデリケートゾーンについて」調査しました。

男性の声 最も男性が気になっているのは、やはりニオイ。

「濡れてきたら、ニオイがキツくて、舐めたかったけどどうしてもできなかった……」(26歳/公務員)
「下着を脱がしたら独特なニオイが……正直、萎えてしまった」(32歳/アパレルメーカー)
など、ニオイで性衝動が減退するほどのダメージを与えてしまうよう。

 次に気になる人が多い「潤い」は、日ごろのケアではなかなか難しいので困りもの。
「濡れていないと“感じていないのでは……”と不安になる」(23歳/飲食)
「喘ぎ声は出ているのに濡れていないと、演技なのかを疑う」(38歳/自営業)
「濡れにくいと、思い切り楽しめない」(30歳/メーカー)
と、彼の心に影響を与える傾向が。自分の意志ではコントロールしにくいだけに、お互いの気持ちが冷めてしまうかもしれません。

 そしてデリケートゾーンの「肌の引き締め」。
「締まっていると“感じてくれてる!”と嬉しくなる」(25歳/IT)
「挿入してもの足りなさを感じると、相性悪いのかなとちょっと残念な気持ちに……」(35歳/教師)こんな風に、デリケートゾーンの肌の引き締まり具合で感度やカラダの相性を判断する男性もいるよう。キュッとした印象は男性の気持ちよさだけでなく、女性の自信にもつながりますよね。

 実は私たちが心配していたことは、彼の不満と同じ。だとしたら、やはり「ニオイ」「潤い」「肌の引き締め」の3つをケアはもはや必須といえそうです。

セックス直前の不安をケアする方法を
今すぐ知りたい!>>>

セックス直前に3つのデリケートゾーンの不安をケアできる!?


 実は、そんなセックスの直前のデリケートゾーンの3つの不安を、彼に気づかれることなく解消している女性たちがいます。彼女たちのエピソードから、解決方法を紹介します。

彼に覆いかぶさられて 驚いたのは本当に自然に潤っていること。彼にも「今日すっごく濡れてる……どうしたの? 嬉しいんだけど……」とたくさん責められました。

 いつも途中で乾いてきてしまうのが悩みだったのですが、これを使うと最後までずっと濡れていて、乾いてこないかという不安も薄れ、本当に気持ち良かったです。ふんわりとしたオレンジの香りのおかげなのか、アソコの臭いも全然気にならないと言われました。もう手放せません!(みんみんさん/26歳/会社員)

 彼が下に手を伸ばすと自然に潤った感じになって、「すごいよ! もう濡れちゃってどうしたの? そんなに待ちきれないの?」と興奮したように言いました。

 また、彼はいつも口でしてくれるのですが、その日はいつもより長くて、最初に一瞬何かいつもと違うことに気付いた表情をして、その後止まらなくなってしまいました。恐らく臭いが気にならなくなったのだと思います。(アリューシアさん/38歳/事務職員)

彼女たちがセックス直前に
こっそりしていた秘密>>>

 彼女たちはラブタイム直前に、LCラブコスメの『ジャムウ・シークレットモイスチャー』をこっそり使っていました。

ジャムウ・シークレットモイスチャー』は、ベッド直前にデリケートゾーンに塗って、「潤い」「ニオイの元」「肌の引き締め」を1本でケアするジェル状の美容液です。

シークレットモイスチャー「ジャムウ」というインドネシアで古くから伝わるハーブの成分を配合した自然派アイテムなので、デリケートなところでも優しくケア。とろりとしたジェルをデリケートゾーンにひと塗りするだけで、自然な潤いを演出し、キュッとした肌の引き締めもサポートします。

 うっすら香る柑橘系の香りで、ニオイも気になりません。

 ベタつかず、サラッとしている質感なのに潤いが続くのが魅力。本物そっくりの自然な潤いがあふれ、男性に気づかれる心配はありません。

 これなら途中で乾くという心配をせずに、彼とのセックスで思い切り感じることだけに集中できそう!

ハーブ

『ジャムウ・シークレットモイスチャー』
詳しくはコチラ >>>

 さらにニオイが気になる場合は、普段から『ジャムウ・ハーバルソープ』でデリケートゾーンのデイリーケアをするのがおすすめ。

ジャムウハーバルソープ LCラブコスメが独自の方法で「ジャムウハーブ」を調合して開発し、添加物は一切不使用。濃密な泡で3分間パックして洗い流すだけで、ニオイの元や黒ずみの元となる古い角質もさっぱり! 全身に使用できるので、ニオイが気になるワキや脚、バストトップの透明感も一緒にケアできます。

LCジャムウ・ハーバルソープ』で、デリケートゾーンのデイリーケアを始めた女性たちからは「使い始めてからのラブタイムでは今まで以上に丁寧に舐めてくれます」、「自信がついて、Hのときに少し積極的になれました」など嬉しい声が続々、シリーズ累計281万個の実績もうなずけます。

ベッド直前

『ジャムウ・ハーバルソープ』
詳しくはコチラ >>>


 さらに、デリケートゾーンのニオイと肌の引き締めの集中ケアとして『ジャムウ・デリケートパック』を一緒に使うのがおすすめ。。アソコにジェルを塗りパックして洗い流せば、ニオイの元やおりものがスッキリ。

『LCジャムウ・ハーバルソープ』と『ジャムウ・デリケートパック』 彼が喜ぶ、さっぱりキュッとしたデリケートゾーンを手に入れることができます。

「肌が引き締まったおかげか、ズバリ“名器だよ”と言ってもらいました!」、「アソコの臭いが気になって消極的でしたが、積極的にもなれて、クンニの時も自信が持てるようになりました!」など、こちらもデリケートゾーンの不安が解消されたという声がたくさん届いています。

ベッドでラブラブ

『ジャムウ・デリケートパック』
詳しくはコチラ >>>

 デリケートゾーンに自信が持てれば、セックス直前の心配事も無くなり、彼の愛撫に集中できて感度もグッと上昇しそう。あなたが感じれば感じるほど彼の自信や満足度もアップしますし、さらにラブタイムが充実するはずです。

 LCラブコスメの「ジャムウシリーズ」でデリケートゾーンの不安を徹底ケアして、セックス直前に急に心配することのないような本音で気持ちいいと言える関係を目指しましょう!

 LCラブコスメは、女性が運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。デリケートゾーンのケアアイテムをはじめ、女性ならではのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。「ラブコスメ」で検索すれば、誰にも相談できずにいたお悩みにもピッタリのラブコスメがきっと見つかるはず。

<TEXT/女子SPA!編集部 提供/LCラブコスメ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【関連記事】
アソコも老ける!下着の中まで若々しい女性がやっている3つのこと

あなたにおすすめ