Lifestyle

ハワイで日焼け止めの多くが販売禁止に。OKなものは?

 日本よりも強い紫外線が降り注ぐリゾート地、ハワイ。日焼け止めを塗らずに1日外で過ごしたら、全身真っ赤になってひどい日焼けを起こしてしまいます。

日焼け止め そんなハワイで、市販されている日焼け止めの多くが販売禁止になる法案が可決されました。

人気のスポットでは1日に187キロも使用されている


 2018年5月にハワイ州議会で可決された新しい法案は、サンゴの白化に影響がある化学物質であるオキシベンゾンとオクチノキサートを含む処方せん不要の日焼け止めの販売を州全土で禁止する、というもの。これらの化学物質は、3500種類以上の最も流通している日焼け止め製品に含まれているんです。

 ハワイ州観光局によると、ハワイを訪れる観光客数は毎年のように増え続けていて、それに伴ってビーチを訪れる人の数も増加。オアフ島の人気シュノーケリングスポットで、自然保護区に指定されているハナウマ湾では、1日あたり2,600人の人が訪れ、およそ412ポンド(187キログラム)の日焼け止めが使用されているとか(2015年調査)。

およそ412ポンド(187キログラム)の日焼け止めが使用されている ハワイではサンゴ礁の死滅が進み、以前から白化が問題視されていました。そこで、サンゴに有害な化学物質の使用を禁止しようと、数多くの環境保護団体が動いたわけです。

 今回可決された法案がハワイ州知事の承認を受ければ、2021年1月から施行されます。そうなれば、ハワイはアメリカで初めて日焼け止めを禁止する州となります。

次のページ 
ハワイでもOKな日焼け止めは?

1
2




あなたにおすすめ