Lifestyle

40代の奥様に広がる“謝礼交際” 「デートの謝礼をもらうだけ」の真相は…

謝礼交際をする主婦に共通した特徴は“優等生タイプ”

 イギリスにバレエ留学したという40代後半の主婦はこう語る。 「デートの謝礼として男性からいただくプレゼントが、前回よりも高額なものとわかると、その分やっぱり『お返しをしなければ』と思うのです。どうせなら喜んでもらえるものがいいし、それは恐らく男性が私に求めていること。でもこれは友情に近い感情なんです」  プレゼントの返礼は、本当はモノで返したい。しかし男性はそれでは喜ばないだろう。むしろデートのときに“行為”で返してほしいと思っているはず――。夫からはあまり関心を持たれていないが、別の男性から評価されると、さらに評価を得ようと頑張る。そんな“優等生タイプ”こそ謝礼交際をする主婦に共通した特徴に見える。  前出の40代後半の主婦は言う。 「ときどき、彼が言うんです。『僕みたいなイケメンでもない男と付き合ってくれて申し訳ない』って」  記者が取材した限りだが、謝礼交際を行っている男性には俗に「イケメン」と呼ばれる人は少なく、恐らく若い頃は女性とはあまり縁がなかっただろう風貌や、髪形、服装の人が多い。勉強を頑張り、公務員や1部上場企業に就職。地味ながらも堅実な人生を歩む。女性同様“優等生”で通してきた人ばかりだ。40代後半の男性は言う。 「若い頃、とても相手にしてもらえなかったような美しく、知性溢れる女性と一緒に過ごせるだけでも幸せです。だからせめて“お礼”をしないと申し訳なくて……」  お金はあるが、プロでは満足できない「心の繋がり」を求める男性。女性が求めるのは少しのお小遣いと、好奇心を満たすこと。利害は一致している…のだろうか? <TEXT/秋山謙一郎> ― 高学歴なアラフォー女性に広がる「謝礼交際」 vol.1 ―
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ