Entertainment
News

サッカー日本代表のユニフォームを米英メディアが大絶賛。その理由とは

 開催中のワールドカップ(W杯)でサッカー日本代表が着用しているユニフォームは、昨年11月に発表された新デザイン。


 極太の縫い目が目立つそのデザインは、日本国内では「切り取り線?」「ジンベイザメ」などと揶揄(やゆ)されていたようですが、意外にも海外では高評価を受けています。

白い縫い目と青のマッチが完璧、日本代表ユニが大会ベスト!


雑誌協会代表撮影

雑誌協会代表撮影

 オリンピックやサッカーにさほど関心のないアメリカですが、世界的なスポーツイベントが開催されるたびに取り上げられるのが、各国のユニフォームデザインです。

 アメリカでは「CNN」がいち早く「最もスタイリッシュなW杯ユニフォーム」と題して、「80~90年代前半に主流だったユニフォームのデザインに、今っぽさと各国のお国柄やカルチャーを反映させ、ファッション性の高いものに進化させた」というアディダスとナイキの取り組みを解説。

 その記事の中で「ベスト・ユニフォーム」に選ばれたのが、我らがサムライ・ジャパンの青いユニフォームでした。

ADIDASTOKYOさん(@adidastokyo)がシェアした投稿


 特に、主張の強い縫い目に注目し、「古くから伝わる刺し子(さしこ)技術を使った荒い縫い目が、インディゴブルーによく映えている」と大絶賛。日本国内とは真逆の高評価となりました。

ファッショニスタのお気に入りで追加得点ゲット?


 また、イギリスの一流紙「ザ・ガーディアン The Guardian」も、オンラインで「ファッションファーストなW杯ユニフォームはどれ?」という企画記事を展開。

 ここでも日本代表の青いユニフォームは、メキシコ、サウジアラビア、ナイジェリア、ドイツ、コロンビアなどと並んで12強に入りました。

ADIDASTOKYOさん(@adidastokyo)がシェアした投稿


 同紙によると、サムライ・ジャパンのユニフォームは、「日本の美の原点であるミニマリズムを追求した」もの。今までの流れを組んだデザインでありつつも、「今回はそこにピンストライプを入れることで、より魅力的に仕上げている。ファッショニスタたちからは、確実に追加ポイントをもらえるだろう」と、これ以上はない褒め言葉を並べています。

 英米のメディアにここまで評価されると、ツイッターで大喜利のネタにもされていたという「ジンベイザメ」風のユニフォームもそう悪くなく思えて来るから不思議です。ここは素直に喜んでおきましょう!

Sources:
「CNN」https://www.cnn.com/style/article/world-cup-2018-football-jerseys/index.html
「The Guardian」https://www.theguardian.com/fashion/gallery/2018/jun/14/fashions-first-11-which-is-the-most-stylish-world-cup-kit

<TEXT/アメリカ在住・橘エコ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】






あなたにおすすめ