Entertainment

新田真剣佑、国宝級イケメンだけど影がある…噂される父親との確執

 俳優の新田真剣佑(あらた・まっけんゆう、21歳)と東出昌大(ひがしで・まさひろ、30歳)がダブル主演を務める映画『OVER DRIVE オーバードライブ』が6月1日から公開中です。ツイッターには「真剣佑がどのシーンを見てもかっこよすぎる!」という書き込みが多く、真剣佑出演の映画は、本作を入れて2018年7月までに4本もが公開されるのです。

『OVER DRIVE-オーバードライブ-』

『OVER DRIVE-オーバードライブ-』右が真剣佑

 

完璧なイケメンだけど、影のあるオーラ


 また、女性ファッション誌『ViVi(ヴィヴィ)』7月号の、読者が選ぶ「18年上半期 ViVi国宝級イケメンランキング」では、今一番好きな「NOW国宝級編」の1位に選出され、飛ぶ鳥を落とす勢いです。

 真剣佑を「名実ともに若手俳優のトップランナー」と評価するのは映画評論家の前田有一氏。出演作であるアメリカ映画『パシフィック・リム:アップライジング』(2018年)では、スティーブン・S・デナイト監督に絶賛されたと言います。

「独特の雰囲気のある俳優でオーラもハンパなく、目力があるため、出演シーンを増やして、途中で死ぬ役のはずが最後まで残したそうです。21歳にして、監督が惚れ込むほど人間の深みを演じられる彼は、まさにオンリーワンでしょう」(前田氏)

 さらに真剣佑が若くして人間の陰影を演じられる理由を、「抱える闇も深いから」と前田氏はズバリ。たしかに、ヤンチャすぎる父を持ったアメリカ育ちの彼は、21歳にして様々な体験をしているようです。

新田真剣佑

『ViVi』リリースより(c)神藤剛

 新田真剣佑が、アクションスター・千葉真一(79歳)の長男であることはご存知でしょう。1996年ロサンゼルス生まれで、英語はペラペラ。極真空手のLA大会で優勝し、レスリング、水泳、水球、ピアノ、フルートと多才だそう。

 2015年に本格的にデビューするやいなや、『ちはやふる -上の句- / -下の句-』(2016年)で、第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しています。公開当時のインタビューでは、「普段から、あまり役と自分自身を比べることはないです。演じるときは役に没頭して、自分の中に“真剣佑”は完全にいなくなりますし」(映画ナタリー)と語り、芝居に対するストイックさを感じさせます。

神木隆之介。 Waiting on set. #刑事ゆがみ

新田 真剣佑 Mackenyuさん(@mackenyu.1116)がシェアした投稿 –


『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(2017年)で共演した神木隆之介は、真剣佑を「上下関係がハッキリした体育会系」と評し、スタッフも「電車で困っている人に声をかける好青年」とベタ褒め。

 同じく「ジョジョ」で共演の山﨑賢人は「初めて会った時、何もないのに、目をずっと見られてすごい奇妙だった」と、ミステリアスな一面を指摘しています(2017年7月27日「めざましテレビ」)。

 前述の前田氏は「非の打ちどころのないイケメン好青年ぶりと、何を考えているのかわからない不気味さが、彼の最大の魅力」と分析。さらに、「(アクション映画・ヤクザ映画でブレイクした)父の千葉真一とは反対の、青春モノを選ぶところに、彼なりのスタンスを感じる」とも述べます。

「アメリカにいた15歳の頃に、日本の映画を観るようになって、ある作品で夢をもらった。僕もいろんな人たちに夢を与えたい」と、真剣佑はいろいろなインタビューで語っています。

父の事務所を離れて、自ら大手に移籍


 ブレイク直前だった2016年、なんと「19歳の真剣佑に5歳の隠し子がいる」という仰天スクープが報じられます(フライデー・2016年8月12日号)。同誌によると、父・千葉真一が友達付き合いをしていた日本人夫婦の妻(37歳)と男女の関係になってしまい、真剣佑が14歳のときに、娘が誕生したというのです。

 千葉は激怒して「息子はレイプされた」と女性を訴えましたが、真剣佑が法廷でそれを否定したことで裁判は中止。相手女性は離婚し、シングルマザーとなってアメリカで暮らしている――というのが同誌報道の中身です。

 これに対して、真剣佑の所属事務所(千葉真一の個人事務所)はすぐに「事実無根。フライデーに対して法的措置も考える」と発表しました。が、その後、同誌は訴えられるでもなく、訂正するでもなく、事実かどうかはウヤムヤになったまま。

次のページ 
父のもとを離れて、移籍・改名した真剣佑

1
2




あなたにおすすめ