Gourmet
Lifestyle

お酒の「おつまみ」選びで二日酔いしにくくなる? おすすめ3食材

 こんにちは。ビューティーフードアドバイザーの高木沙織です。

 ビールや酎ハイが美味しいこの季節、お酒の量が増えてきてはいませんか? 飲んだ次の日は二日酔いや疲労感・むくみに悩まされたり……。

お酒を飲む そのツラさ、“おつまみの選び方”次第で変わってくることをご存じですか?

 では、どのようなおつまみを選ぶのがよいのでしょうか。お酒を飲むときに「これは頼むべき・買うべき」おつまみを紹介します。

1. 豚肉を使った料理

豚肉 豚肉といえば、ビタミンB1。ビタミンB1はアルコールを分解するときに使われる栄養成分で、不足すると翌日に疲労が残るため積極的に摂っておきたいところ。そして、ビタミンB1は水溶性の栄養成分で体内に溜めておくことができないので、こまめに摂取するとなおよしです。

 ただし、ダイエット中の人やカロリーオーバーが気になる人はとんかつのような揚げ物ではなく、焼く・煮る・蒸す・茹でるなどの調理をされたものを選んで。
 豆類や玄米、うなぎ、小麦胚芽などにもビタミンB1は含まれています。

2. 大豆を使った料理


枝豆 大豆には良質な植物性のタンパク質が含まれます。タンパク質はアルコールの分解をする肝臓の働きをサポートしてくれる栄養成分。

 大豆の赤ちゃんである枝豆や納豆はもちろん、チーズ、肉類、魚、卵などもタンパク質を含みます。

3. 海藻・キノコを使った料理


きのこ アルコールは胃を通過して小腸で吸収され、肝臓で分解されます。肝臓への負担を軽くするためには、アルコールの胃での滞留時間を長くしてあげることがポイント。海藻やキノコ、ナッツなどに含まれる食物繊維は消化に時間を要するため、間接的に肝臓への負担を軽減する働きをしてくれますよ。

===

 何をどのくらい飲むのかも重要ですが、おつまみの選び方も侮れません。お酒を飲む機会が多い方、翌日のツラさを軽減したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<文/高木沙織>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

高木沙織
美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog:http://ameblo.jp/0293tg/ Instagram:saori_takagi




あなたにおすすめ