Entertainment

『テラスハウス』にサイコパス現る!? 恐ろしい女2人の戦いに山里亮太も戦慄

バチェラー・ジャパン」(Amazonプライム・ビデオ)のシーズン2が終了し、“バチェロス”になっている皆さんに朗報です。ある意味、バチェラーよりも恐ろしい女の戦いがいま、同じく恋愛リアリティ番組の「テラスハウス」(Netflixで先行配信後、フジテレビで放送)で繰り広げられているのです。


 軽井沢が舞台の「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」編。メンバーはプロスノーボーダーの中村貴之(32歳)、ミュージシャンの上村翔平(29歳)、シーズン1からの番組常連でモデルの島袋聖南(31歳)、グラビアアイドルの小瀬田麻由(23歳)、航空会社社長の御曹司の石倉ノア(21歳)、そして地元長野の現役大学生・田中優衣(21歳)の6人です。

 このノアくんが、イケメン長身ハーフ(ウィーン生まれ)で、なおかつパイロット志望というかなりのハイスペック。彼を巡って、2人の女性が火花を散らしているわけです。


 その2人というのが、華奢な体に豊満な胸をもつグラビアアイドルの小瀬田麻由と、純朴を画に描いたような、「テラハ史上、最強天使」の異名をもつ大学生の田中優衣。


「恋愛モンスター」が「天使」を潰すかと思いきや…


 男ウケする女を演じ、わずか2日で泣くほど人を好きになる“メンヘラ恋愛モンスター”の麻由にとって、男性と手をつないだこともないという優衣との戦いは、当初、赤子の手をひねるようなものだと思われていました。

 だって、麻由様がすごいんですもん。

===

・入居初日にモデルの至恩にひと目惚れ。2日目、すでに相手がいることを知ると、みんなが通る廊下で号泣(誰にも見られなかったけど)

・好きな男が好きなモノ・コトの話をすると、「私も!」となんでも乗っかる。ノアが「自然が好き」と言った時にすかさず放った「めっちゃ me too!」というフレーズはスタジオメンバーの大好物。

・他のメンバーが外泊したため、ノアとたまたま2人きりで過ごすことになった夜、スーパーの袋を手に持ち帰宅してすぐ、背中がぱっくり開いたワンピースに着替え、洗面所でノーメイク風メイクを施して髪を巻いたのち、「ただいま~」と言ってリビングへ

・上記の夜、「今日一人で寝るの初めてじゃない? さびしくない?」とノアを誘惑(あからさまに逃げられる)。

・ノアを山デートに誘った時に、明らかにノリ気じゃないノアが「天気が悪いから」と断ろうとすると、すかさずSiriに「明日の天気は?」と聞く

※あと10個くらいある。

===

 そんな恋愛モンスター・麻由に取って食われるのではないかと思われた天使・優衣ですが、彼女もまたモンスター、それも麻由をしのぐレベルである可能性が、7月17日配信の回で浮上したのです。

次のページ 
マウントをとってバンバン殴る天使

1
2
3
あなたにおすすめ