Gourmet

少し足すだけでコク旨。料理がめちゃラクになる「みそたまり」知ってる?

 キレがあって、華やか。

みそたまり 連日猛暑が続いています。これだけ暑いと食べるものも、冷たい料理やさっぱり系に頼りがち。しかしながら、同じようなテイストが続くと、だんだん飽きてきて…、どうにかして、爽やかさの中に、新鮮味のあるコク・旨味を投入したいところでしょう。

 そこで今回は、まだまだ知られていない希少調味料「みそたまり」をご紹介! 夏ごはんをおいしく演出してくれる、その魅力を掘り下げてみたいと思います。

~「みそたまり」の入手方法~
(1)近所の味噌屋で探してみる(私はよく行くお味噌屋さんで購入しています)
(2)デパ地下の調味料コーナーを探してみる(「みそたまり」コーナーがあったりします)
(3)ネットショッピングで気になる商品を買ってみる(いくつか種類があります。各社ネット販売のほか、Amazonや楽天でも購入可能)

「みそたまり」は、味噌のおいしさが凝縮された、アンチエイジングにも良い調味料


「みそたまり」とは、味噌を作る際の発酵・熟成過程で分離した上澄み液のこと。家庭でも、味噌をしばらく使わずにおいておくと、茶色い液体が上にたまってくること、ありますよね? アレです。商品として売られているみそたまりを皿に出してみると…。

みそたまり たまり醤油のようなとろみに、つややかな濃茶色をまとった、なんとも重厚感のある液体です。なめてみると、味噌の風味がぎゅっと凝縮されていて、この上なく美味。ふくよかな香りと濃厚な旨味にインパクトを感じます。甘さはそれほどなく、たまり醤油と比較すると、キレのある味わい。一言で言えば、香り高く気品あふれる女王様のようです。

 また、栄養的にも最上級。味噌以上に「DDMPサポニン」という活性酸素を消去する成分が豊富に含まれています。

 そしてこのみそたまり。濃厚ながらもメリハリあるテイストゆえに、さっぱり味を盛り上げる存在として大活躍してくれます。しょうゆ代わりの調味料として刺身や卵かけごはんに使うのも美味ですが、ここでは少しアレンジ! みそたまりを使ったおいしい味わい方を3つご案内しましょう。

 題して、夏の人気メニューをおいしく演出!「みそたまり」を使った“タレ3種”の調合レシピ

(1)忘れられない「冷しゃぶのタレ」


冷しゃぶ【調合レシピ】
みそたまり 大さじ2
ごま油 大さじ2
酢 大さじ2
ネギみじん切り 10センチ分
七味唐辛子 少々
※甘味が欲しい場合は、砂糖やはちみつを大さじ1/2~1加えると良い。

【参考】
「冷しゃぶ」作りに氷水NG! 肉が固くならない意外なワザ

次のページ 
夏の定番、冷やし中華をレベルアップ!

1
2




あなたにおすすめ