Entertainment

「なにそれ?」世間に笑われても進めた、嫌われ女優の“ポジティブ離婚”

「苦しかった…」有名女優のグウィネス・パルトロウ(45)が、2014年にコールドプレイのフロントマン、クリス・マーティンと離婚したときの心境を語った。

 グウィネスとクリスが離婚について共同声明で使った「意識的なカップル解消」という言葉は、当時大きな話題に。その反響の大きさをグウィネスは「予測もしていなかった」と語った。

グウィネス・パルトロウ

グウィネス・パルトロウ

 離婚当時「本当に苦しかった」というグウィネスは、次のように語る。

「私たちは本当に苦しかったと言いたかった。でも失敗したのね、違うやり方でやろうとしたんだけど。自分が未熟で、予想もできなかったわ…自分と他人の言葉の捉え方が違うってことに無頓着だったのね。それを思い知らされた出来事だった」

 グウィネスが言う“違うやり方”というのは、「意識的なカップル解消」のことだろう。破局を発表した際に使用したこの言葉。世間からは「なんのこと?」と嘲笑され、反発を招いた。

 離婚直後、スター誌の「2013年最も嫌いなセレブリティー」で1位に選ばれたグウィネス。しかも、元恋人リアーナへの暴力が取りざたされていたクリス・ブラウンよりも、嫌いなセレブのランクで上位になったことがショックだったと話している。

 さらに、「同じ週にピープル誌の『一番美しい女性』にも選ばれていたから、『え、ちょっと意味が分からない、私は心底嫌われているの? それとも世界一の美女だと思われているの?』と思ったわ」と続け、複雑な心境だったことを明かしていた。

 そんなグウィネスだが、現在はプロデューサーのブラッド・ファルチャックと婚約中。つらかった離婚を乗り越え今ではしっかり幸せをつかんでいるが、前夫のクリスとも仲良しだという。ときには、婚約者のブラッドとクリスが笑顔で肩を並べる写真がインスタグラムに投稿されることも。

Gwyneth Paltrowさん(@gwynethpaltrow)がシェアした投稿


 一方でグウィネスは、ブラッドとの間に子どもを作る気はないとしている。クリスとの間に3人目の子どもを望んでいたというグウィネスだが、ブラッドにも前妻との間に2人の子どもがいることから、新しい家庭で兄弟姉妹になる子どもたちの心境を考慮し、決断を下したという。

「意識的なカップル解消」って結局なんだったの?


 世間からは冷たい視線を浴びることとなったグウィネスとクリスの「意識的なカップル解消」。だが、グウィネスはのちに、こう真意を説明している。

「離婚を、ポジティブなものにしたかった。だからこんなふうに考えたの。相手を一切責めず、100%自分に責任があると考えてみる。自分のことより、子供を最優先に。そしてかつて愛したパートナーの長所を思い起こし、友情をはぐくんでみたらどうだろう…?」

 実はこの「意識的なカップル解消」という言葉は、有名心理セラピストであるキャサリン・ウッドワード=トーマス氏が作り出した言葉だという。怒りや敵対心をもったカップルが関係を修復して、友好な関係を築くためのセラピーを行っている同氏が考案したもので、グウィネスとクリスはこのセラピーを受けたのではないかといわれている。

Gwyneth Paltrowさん(@gwynethpaltrow)がシェアした投稿


「離婚」や「破局」というドロドロとした感情がつきまとうイベントを、あえてポジティブなものとして考えるようにしたグウィネス。散々バカにされ、本人たちも苦しい時期があったようだが、それでも前夫と関係を修復し、子供たちも実の父親と良い関係を築くことができたなら、「意識的カップル解消」はちゃんと機能したのではないだろうか。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

あなたにおすすめ