♂&♀

最高のセックスのために「膣のトリセツ」をつくろう|性活コラム

トリセツを持ったうえで、心ありきのセックスを

 と、長々とトリセツ必須説を唱えましたが、あなた自身が「モノ」になってはいけません。扱いやすいモノになれと言っているわけではありません。どうかモノとして消費されないでください。  裸の仕事をしていると自分が擦り減り消耗されているような錯覚に陥る時があります。でも、同じことをしても何か得たと思う時もあります。この違いは、自分がモノになってしまっているか、そこにちゃんと心があるかどうかの違いです。  自分が主体的にその行為に取り組んでいれば、どんなことをしていても擦り減らないのです。一方的に利用されたり、モノに徹した時、人は擦り減ります。それはセックスの時だけでなく、仕事においても人間関係においても一緒です。  トリセツを持ったうえで、心ありきのセックスをしてください。きっとセックスでしか味わえない気持ちよさを知ることができます。ずっと大切にしてね。永久保証のあなただから♪
森林原人さん

森林原人さん

<文/森林原人> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【性活相談者を募集!】 森林原人さんに悩みを相談したい方は、こちらのお問い合わせフォーム(https://joshi-spa.jp/inquiry)まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。 ※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。
森林原人
1979年生まれ。1999年にAV男優デビュー。出演本数1万本。経験人数9千人。セックスの虜になり道を踏み外したと思われているが、本人は生きる道を見つけられたとむしろ感謝している。著書に『イケるSEX』(扶桑社)、『セックスお悩み相談室』(扶桑社)他。性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」とYouTubeチャンネル「森林原人YouTube」を運営。★Twitter(@AVmoribayashi)/★Instagram(@genjin_moribayashi
1
2
Cxense Recommend widget
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」が書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.




あなたにおすすめ