Gourmet
Beauty

太陽光で老化する恐怖。内側から防ぐ食べ物・飲み物って?

 毎日暑い日が続いていますね。
 日差しが強いということは、紫外線(UV)もたくさん降り注いでいるということ。美容と健康のためにも、UVケアは欠かさず行いたいですよね。

ビーチ ところでそのUVケア、日焼け止めを塗る以外にも方法があるのです。それは、ポリフェノールなど抗酸化食品をとること!

室内にも入ってきて肌を老化させる恐怖の紫外線


 では、ポリフェノールを摂ることがなぜUVケアをサポートするのでしょうか。原宿で開催中の「ネスカフェ ビューティワークカフェ」を監修する、神戸大学名誉教授の市橋正光先生に解説してもらいました。

「まず、地表に届く紫外線にはUVA(A波)とUVB(B波)の2種類があります。UVAとUVBは、肌を直接、また活性酸素を発生させて、肌細胞にダメージを与えます。UVAはエネルギーが低めですが地表に届く量は多く、長期的に肌細胞にダメージを与えます。それがシミを濃くすることやシワの形成といった原因になるといわれています。UVBはエネルギーが強いので遺伝子に直接傷をつけ、日焼けで肌が赤くなったり、水ぶくれの原因になります。活性酸素も発生させます」

紫外線(UV)UVAとUVB UVAとUVBの性質は大きく異なります。

「UVBはオゾン層や雲によって地表に到達することが阻まれますが、UVAはUVBに比べて曇り空を通過しやすく、その上窓ガラスを通過して室内に入ってくることが大きな違いです。紫外線は白いものに反射して拡散されます。例えばベランダに白いテーブルを置いた場合、UVAは直接日光が当たっていない室内まで反射しながら窓ガラスを透過して侵入してくるのです」

 そのため、屋内で過ごす日常生活でもUVケアを怠らないことが重要なのですね。

UVA(A波)「しかもUVAは、夏の量を100%とすると冬でも50%ほどが地表に到達するといわれており、冬の量が夏の20%ほどまで減少するUVBと比べると、季節によって大きな変化はありません。UVAは年間を通じて肌のダメージの原因となりやすいのです」

 UVBだけでなくUVA対策もしっかりすることが、紫外線を浴びることによる光老化(ひかりろうか)から肌を守って美肌を維持するための有効な手段と言えます。

UVケアになるポリフェノールが多い食材とは?


 そのひとつは、年間を通じて日焼け止め等で適度に日除けすること、つまりサンスクリーンです。もうひとつは、体内の活性酸素と戦う力をもつ抗酸化物質を様々な食材から摂取すること、つまり「食べる」サンスクリーンです。

 そこで活性酸素と戦う力をもつ抗酸化物質のひとつであるポリフェノールの登場というわけ。

「ポリフェノールには、紫外線による遺伝子の損傷を抑え、活性酸素による肌細胞のダメージ修復を助ける効果が期待されています。活性酸素と戦うコーヒーポリフェノール(クロロゲン酸類など)を1日900mg以上摂取した人は、普段あまり摂取しない人に比べて、紫外線によるシミが少なかったという研究結果もあります」

コーヒーポリフェノール では、ポリフェノールを含む食材って、どんなものがあるのでしょうか。

肌シミ対策カシス・ベリー → アントシアニン
オリーブオイル → オレウロペイン
緑茶 → 茶カテキン
コーヒー → クロロゲン酸類

上記はポリフェノールの仲間ですが、その他にも、

トマト → リコピン
サーモン → アスタキサンチン

なども抗酸化物質の仲間です。

 こうした食材をバランスのよい食生活に取り入れることで、シミやシワの少ない美しい肌を維持することに役立つんですね。

コーヒーとベリー「たとえばコーヒー100mL当たりに含まれるポリフェノール量は、赤ワインと同じくらい。コーヒー1杯(150mL)当たりで約300mgのポリフェノールが含まれています。1日コーヒー3杯の健康習慣が注目されていますが、3杯飲むと900mgもポリフェノールが摂れるよい計算になります」

サーモンのカルパッチョ もちろん、コーヒーばかり飲んで栄養バランスを気にしないのでは、意味がありません。色鮮やかな抗酸化食材をたっぷり摂って、美しく夏を乗り切りましょう!

UVまとめ【市橋 正光(いちはし・まさみつ)氏】
太陽紫外線による皮膚の老化(光老化)をはじめ、肌の障害に関する研究分野で世界的に認められている。特に紫外線によるシミのできる仕組みや治療法の研究では新しい成果を国際誌に次々と発表。主な著書に「生物の光障害とその防御機構」がある。

<文/和久井香菜子>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】




あなたにおすすめ