Entertainment

約10億円を払った払わないで大モメ。大物カップルの離婚劇が泥沼すぎ…

 2016年に破局して以降、離婚に向けて法廷闘争を繰り広げているアンジェリーナ・ジョリー(43)とブラッド・ピット(53)。2人の名前から「ブランジェリーナ」とも言われた、ハリウッドきってのおしどり夫婦として知られたカップルに、新たなバトルが勃発した。

 アンジェリーナが、ブラッドより十分な養育費を支払われていないと訴えたのだ。6人の子供を持つ2人だが、破局して以来、ブラッドが「意味のある養育費」を支払っていないとして、今回アンジェリーナが法的手段に訴えたようだ。

ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー

ブラッド・ピット(右)とアンジェリーナ・ジョリー(左)の離婚劇が泥沼化

 アンジェリーナの弁護士サマンサ・ブレイ・デジャンは7日(火)、提出書類の中でこう記している。

「(ピットには)養育費を払う義務があります。破局してから現在に至るまで、(ピットは)意味のある養育費を支払っていません」

 しかし、今回の件に詳しい関係者によると、アンジェリーナ側は早急な離婚成立を目指してこのような行動に出たという。

 関係者はピープル誌にこう証言する。

「今回の手続きは、金銭面や親権といった問題で合意が成立する前に、離婚を成立させ、互いが独身というステータスに戻ることを求めるもの」

「家族が人生の次のステージへ向かうことができるように、そして2人が協力して子供たちを育てていくことができるように、離婚を成立させることが目的」

 アンジェリーナは、長引く離婚訴訟を早く終わらせることが、自分や家族にとって大切と考え、今回の手続きを取ったということだろうか。

 一方で、アンジェリ―ナはブラッドに対して、養育費の支払いを求める裁判所命令を請求する動きもみせているという。

「姑息な手段」ブラピ側、アンジーの主張に猛反論


 このアンジーの主張に対して、ブラピ側は900万ドル(約10億円)以上を支払っていると反論した。

 今回ブラッドは提出した書類の中で、アンジェリーナの主張が「マスコミ報道を利用しようとする姑息な手段」だと糾弾している。

ブラッド・ピット

「約10億円以上を支払っている!」アンジーの主張に猛反論したブラピ

 ブラッドの弁護士ランス・スピーゲルは提出書類の中で、ブラッドがアンジェリーナに自宅購入資金として800万ドル(約8億8000万円)を貸し付けたほか、「(ジョリーと)未成年の子供たちへの援助」として130万ドル(約1億4000万円)以上を支払っていると訴えている。

 さらにブラッドが養育費を支払っていないと訴えに関して、断固として反論していることも強調している。

 これについて、アンジェリーナの弁護士サマンサ・ブレイ・デジャンはピープル誌に次のようにコメント。

「2016年9月の破局以降、ブラッドが自宅や家具などを所有することにしたので、アンジェリーナと子供たちは引っ越しを余儀なくされました」

「ブラッドはアンジェリーナ(と6人の子供たち)の新居の費用負担を要求されましたが、負担するのではなく、利子までつけてアンジェリーナにお金を貸し付けたのです」

 もつれにもつれ、とにかく早く別れたい! という2人のようだが、どうやら正式な離婚までは厳しい道のりのようだ。ある関係者は最近、こう語っていた。

ブラッドとアンジェリーナは、正式に離婚するには程遠いです。離婚する際に、通常手続きの第一歩として行うべきことが、行われていないのです。たとえば、金銭的なことに関する書類を取り交わしていませんし、親権問題が宙に浮いています」

親権が焦点なので、2人はここである意味行き詰っているんです。

 6月には、子供たちとの面会をめぐり、2人に裁判所命令が下されている。その中にはこう記されていたという。「それぞれの子供が父親と母親と健康的で強い絆を持つことが重要だ」

 子供たちのためにも、早い解決が望まれる……。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

あなたにおすすめ