Entertainment

絶叫!紙吹雪!女性たちが熱狂する映画『バーフバリ』をもう観た?

「バーフバリ! ジャイホー!!」
 この言葉を叫ぶと、力と希望が漲(みなぎ)ってくる――。いま、熱狂する女性が続出しているインド映画『バーフバリ』をご存知でしょうか。

<完全版>メイン

『バーフバリ 王の凱旋 <完全版>』(現在、新宿ピカデリーほか公開中)より(C)ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.


公開から半年以上たっても人気は衰えず、前代未聞のロングラン


『バーフバリ』とはインドの古代王国マヒシュマティを舞台とし、英雄バーフバリ親子2代の物語を描いた映画。テルグ語・タミル語で撮影され、『バーフバリ 伝説誕生』『バーフバリ 王の凱旋』の2部作から構成されます。

 1作目の『伝説誕生』は2015年7月にインドで公開され、インドの歴代興行収入の最高額を記録。日本では2017年4月に公開されました。2017年4月に2作目の『王の凱旋』がインドで公開。追って2017年12月に『王の凱旋』インターナショナル版が日本でも公開、それが好評だったために2018年6月にノーカットの『王の凱旋<完全版>』が公開されました(8月18日現在も、新宿ピカデリーほかで上映中)。

 ただ息が長いだけでなく、月日を追うごとに熱狂的な“マヒシュマティの民”が生まれているのです。



『バーフバリ』の最大の魅力は、多彩な登場人物


 この作品はとにかく登場人物が魅力的で、主人公のマヘンドラ・バーフバリ(息子)とアマレンドラ・バーフバリ(父)は無敵です。冷静に見ると「ちょっとそれは無理なのでは?」と思ってしまいそうな現実離れした行動も多々ありますが、それを打ち消すほどの力強い体と心を持つバーフバリ親子。

 特にアマレンドラ・バーフバリは、他者への尊厳・優しさ・愛国心にユーモアまで持ち合わせ、これ以上尊いお方はいないのではないかと思える、我らが王です。敵役のバラーラデーヴァの強さと執念深さも並みではありません。何が彼をそこまで突き動かすのか、考えずにはいられません。

<完全版>サブ①

『バーフバリ 王の凱旋 <完全版>』より(C)ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

 アマレンドラの妻、王妃デーヴァセーナの高潔な精神は、彼女の美しさをさらに際立たせます。しかも戦闘においても、ものすごく強い。可愛さ爆発のダンスシーンは、『王の凱旋<完全版>』でしかお目にかかれないので要注意です。国母シヴァガミの目力は夢に出てきます。あんなに感情の溢れる目は、そうそうないのではないでしょうか。

 そんな中、『王の凱旋』に出てくるクマラ・ヴァルマのかわいさ・優しさは物語の“癒し”と言ってよいでしょう。伝説級に強い登場人物がひしめく中、クマラは小心者のくせに見栄っぱり。そのクマラがアマレンドラとの出会いによって勇敢になっていき、かつ最後まで変わらず優しくあるのです。

日本で人気のクマラ役、スッバラージュさんが来日、民が歓喜


 日本では、このクマラの人気が非常に高いのです。そして今年6月末、ついに民の願いが届いたのか、クマラ役のスッバラージュさんが来日しました。

①スッバラージュさん

この日のためにインドから映画の衣装を持ってきて、舞台挨拶をするスッバラージュさん

 スッバラージュさんは舞台挨拶で「3~4か月前から私のツイッターに日本人のフォロワーが増えだして、不思議に思っていたんです。そうしたところ、監督とプロデューサーから『日本ではクマラがとても人気がある』と聞いて驚きました。今日ここにきてそれがよくわかりました。みなさんに会うために、初めて日本に来ました」と、涙をにじませながら喜びをあらわしていました。

 クマラに負けず劣らず、優しく誠実なスッバラージュさん。チネチッタ川崎での舞台挨拶では客席の隅々まで歩き、全国から駆けつけた民と握手を交わしていました。

 スッバラージュさんと握手を交わしたファンの女性Cさんは「あのクマラが微笑みながら歩いてくる姿が忘れられません。今日からクンタラ王国(クマラやデーヴァセーナの生まれ育った国)の民になります」と感動に手を震わせていました。

次のページ 
「絶叫上映」に中毒者続出、アニメ化も

1
2
3




あなたにおすすめ