Entertainment

絶叫!紙吹雪!女性たちが熱狂する映画『バーフバリ』をもう観た?

発声や鳴り物OKの「絶叫上映」「マサラ上映」に中毒者が続出

③ユジク阿佐ヶ谷

「バーフバリ! ジャイホー!!」。ユジク阿佐ヶ谷で行われた『バーフバリ 王の凱旋』絶叫上映。上映前から、司会の方々が盛り上げてくれる

『バーフバリ』のファンは繰り返し見ている人が多く、その多くは女性。ファンの女性Sさんは合計17回、3日連続で見たこともあるというツワモノで、『バーフバリ』の魅力についてこう語っています。 「こんなにジャンルをフルシカトした映画、人生で初めてでした。意味がわからない。楽しい! 強い! 強烈! 感動、興奮、高揚感、爽快感がエンドレスで続くので、毎回3時間のバーフバリワールドへ旅行に行くといった感覚です。  上映終了後、観客のほとんどが我慢できない様子で興奮気味に感想を語り合っています。黙って静かに余韻を噛み締めて帰るなんて無理な映画なんです。『絶叫上映』では、5分に1回くらいのペースで見せ場がやってきて、どんどん上がっていくテンションをその場で声に出して、音に乗せて発散できるのが楽しいです!」  この「絶叫上映」や「マサラ上映」というのも『バーフバリ』の楽しみ方のひとつ。上映中の発声や、タンバリンなど鳴り物の使用が可能で、サイリウムの使用がOKな場合も多々あります。「マサラ上映」はさらに自由度が高く、紙吹雪を撒いたりクラッカーを鳴らしたりしてもOKという映画館も(禁止事項はそれぞれ違うので、各映画館にご確認を)。これを一度経験すると、通常上映でもつい大声で王を称えたくなるなど、中毒症状を起こす人が多いのです。
②お菓子

ファンの方々が絶叫上映で配っていたお手製ラベル付きお菓子。上:さいちゃん☆さん@saichan02023116下:えむさん(@M70104814)が作製

『バーフバリ』の絶叫上映やマサラ上映では、登場人物や国を称えるシーンではテルグ語の掛け声も飛び交います。またインド映画特有の歌って踊るシーンでは、一緒に歌を口ずさみ、タンバリンなどを思い思いに鳴らす民が続出! 初参加の民にタンバリンを貸してくれるベテラン民が現れることも。  また、登場人物やシーンによってテーマカラーが決まっていて、コンサート会場さながらにサイリウムが揺れて幻想的です。戦闘シーンでは、真っ赤に光るサイリウムが兵士の集団のよう。しかし必ずしも声を出したりサイリウムを振ったりする必要もなく、静かにそれらを眺めるという楽しみ方もあるのでご安心を。  絶叫上映やマサラ上映については、参加型上映を企画運営する任意団体のV8J絶叫上映企画チーム(@V8Japan)がツイッターで情報発信をしているので、気になる方は要チェックです。
④ユジク阿佐ヶ谷終了後

絶叫上映後の客席には、たくさんの紙吹雪が積もっていた。この後、参加者全員で紙吹雪を片づける

『バーフバリ』人気はさらに盛り上がり、漫画化・アニメ化も

yoshitsune_cov

『バーフバリ~王の凱旋~』(幻冬舎コミックス)

 勢いのおさまらない『バーフバリ』人気は、漫画化という形にも発展しました。『バーフバリ~王の凱旋~』(幻冬舎コミックス)が6月24日に発売されたのです。作者の深谷さんに話を伺いました。 ――今回、どのような経緯で深谷さんに作画の依頼がきたのでしょうか。 深谷陽:以前から仕事をしていた、幻冬舎コミックスの編集者からお声かけいただきました。その時、たまたま個展をしていた原宿のカフェに在廊中で、幻冬舎コミックスの編集部から近かったんです。通常だったら後日打ち合わせとなるところを、その場で即詳細を聞けて、「縁があるのかな」なんて話していました。 ――登場人物の中で、好きなキャラクターはいますか? 深谷:2人のバーフバリをはじめとして描き甲斐のあるキャラばかりですが、性格や行動を含めて1人選ぶなら、クマラ・ヴァルマです。 ――『バーフバリ』の漫画を描いていて、たいへんだったことや楽しかったことを教えてください。 深谷:キャラクターも、ストーリーや場面展開も、描いていて楽しい要素ばかりでした。たいへんだったのは何といっても、制作期間の短さです。絵を描く時間はもちろんですが、コマ割りや構成にも時間があれば、もっとページ数を使えたのでそこが残念です。  この漫画の発売後、『バーフバリ』の映画監督S.S.ラージャマウリさん(@ssrajamouli)がこうツイートしています。 「バーフバリの漫画という、新しい映画『バーフバリ』の世界の広がりに興奮しています。私たちはずっと日本のファンの愛に圧倒され続けています。日本の『バーフバリ』ファンの方々が、漫画作品も愛してくれることを願っております」(英語原文を訳したもの)
kumonuke_SD_sleeve

アニメDVD『バーフバリ 失われた伝説』(C) 2018 ARKA MEDIAWORKS AND GRAPHIC INDIA PTE. LTD., ALL RIGHTS RESERVED.

 さらに、7月25日にはアニメDVD『バーフバリ 失われた伝説』が発売されました。9月26日には同アニメDVDの「シーズン2」「シーズン3」も発売予定。11月28日には『伝説誕生』と『王の凱旋』の劇中歌やBGMを収録したサントラCDの発売も予定されています。
次のページ 
『バーフバリ』の原点と言われる映画が8月31日に公開
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ