Lifestyle

LINEスタンプで「今晩どう?」と誘い合う夫婦。実は猪木スタンプが使える!?

 突然ですが、みなさんは「YES/NOまくら」というアイテムをご存知でしょうか?

SAGARAND YES NO 枕

「SAGARAND YES NO 枕」Amazon販売ページより

 これは夫婦の夜の営みに便利なコミュニケーションツール。枕の両面に大きくYES、NOとそれぞれ書かれており、YESなら「今晩いいよ」とOKの合図で、NOなら「今日はナシで」という意味になります。わざわざ言葉に出す必要もなく、女性から男性に対して意思表示できるスグレモノで、実際に使っている夫婦や同棲中のカップルもいるようです。

アントニオ猪木のスタンプをYES/NOまくらの代わりに!


 ただし、結婚2年目の若村玲奈さん(仮名・27歳/栄養士)夫婦は、LINEのスタンプをYES/NOまくらの代わりに使っているとか。

「彼はプロレス好きで、いろんなプロレスラーのスタンプを持っているのですが、そのなかにアントニオ猪木の《やれるのか、オイ!》というセリフ付きのものがあるんです。これは『今晩どう?』というお誘いの意味なんです」

元気ですか!! アントニオ猪木スタンプ

現在は販売終了の「元気ですか!!アントニオ猪木スタンプ」 https://store.line.me/stickershop/product/1063832/ja

 実は、玲奈さんも旦那さんの影響で今ではすっかりプロレス好き。返事も夫同様、猪木スタンプで返しているそうです。

「OKのときは《いつ何時誰の挑戦も受ける》と書かれているスタンプを送り、仕事で疲れていて断る場合は、《バカヤロー!》や1人で処理しなさいという意味で《てめえでやってみろ!》というスタンプを返します(笑)」

夫とはベッドでプロレスをすることも


 ほとんどの女子が何のことかさっぱり理解できないと思いますが、いずれも猪木の名言。まさかこんな使い方があったとは、プロレスファンの記者も知りませんでした。

「でも、スタンプだけならまだいいんですけど、彼はたまに悪ノリしてベッドの上でプロレスの関節技をかけてくるんです。それも、さあこれから!ってタイミングにですよ! それに付き合っちゃう私も悪いと思いますが、もうムードも何もありません(苦笑)」

プロレス でも、そんな彼女は中学・高校と柔道部に所属していた有段者。最近は趣味でスポーツジムのヨガ教室に通っているそうで、「彼の関節技くらいじゃ全然効かない(笑)」と語るほど柔軟な身体の持ち主。そのため、いつもは玲奈さんに返り討ちに遭って、お仕置きされるのが恒例になっているとか。

「スタンプくらいなら笑い話で済みますが、ベッドで夫婦の営みをするはずがプロレスですよ。だから、いつも『今日はどっちなんだ!』って普通とは違うドキドキ感があります。それでプロレスじゃなかったらホッとするわけです。でも、こんな夫婦生活でいいのか、根本的な部分で考えてしまいます」

次のページ 
スタンプによる意思確認は友人カップルにも好評

1
2




あなたにおすすめ