Entertainment

人気女優が、そっくりな“影武者”を公表。彼女たちの仕事とは?

 人気女優のリース・ウィザースプーン(42)がボディダブル(“影武者”)の存在を公表した。

『キューティ・ブロンド』『メラニーは行く!』などのヒロイン役として知られ、一時は“ラブコメ女王”としての印象が強かったリースだが、最近はすっかり演技派女優としての地位を確立した。そんなリースがこのたび、インスタグラムに自身のボディダブルを務めるマリリー・レスリーを紹介する動画を投稿した。

Reese Witherspoonさん(@reesewitherspoon)がシェアした投稿


 まさに“うりふたつ”の2人だが、このインスタ画像の左側がリース本人。

 リースは、次のようなキャプションを付け、ボディダブルのマリリー(画像右)を紹介している。

「マリリーを紹介するわ! 彼女は5本の映画で私のボディダブルをやってくれて、今は『ビッグ・リトル・ライズ』を手伝ってくれてるの! そっくりでしょ?!」

 さらに、同じくインスタグラムの中で公開されている動画でリースは、こう話している。

何年も私と一緒に仕事をしている人を紹介します! こちらマリリー。彼女は私のボディダブルなの。そっくりでしょ? 何から何までね!

ビッグ・リトル・ライズ

ビッグ・リトル・ライズ <シーズン1>DVD リースは中央。※ワーナー公式HPより https://warnerbros.co.jp/kaidora/detail.php?title_id=54592 

 大ヒットドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』のマデリン・マーサ・マッケンジー役を演じるリースが、ボディダブルを必要としているということで、2019年に続編が公開されるシーズン2の内容が激しいものになるのではないかという噂に拍車をかけている。

 というのも、ボディダブルは、出演者がなんらかの理由によりあるシーンを演じることができない場合に、替え玉となって演技をするからだ。主に、スポーツや楽器の演奏など演技に特殊な技術を要する場合や、ヌードシーンなどで用いられるという。

 一方で先月には、リースが撮影現場で新しく加わった共演者であるメリル・ストリープにアイスクリームを投げつけようとする写真が公開された。

 しかし、現場は一触即発の事態というわけでもないようだ。共演者のニコール・キッドマンが51歳の誕生日当日にも仕事があったため、リースが少しでもお祝いムードを味わってもらおうと、現場にアイスクリームの移動販売車を用意するという、実際にはなごやかな雰囲気だったようだ。


 過去には、ある映画に出演していたボディダブルが、「映画の中で主人公が踊っているシーンは、ほとんど自分が演じた。主人公の女優が実際に踊ったのはほんのわずか」と暴露し、問題になったことも。その時は、ボディダブルとして出演していたダンサーが、自分の名前がしっかり出されなかったことに不満を覚えていたとされている。

 リースの場合は、ボディダブルの顔と氏名をしっかり公開したので、そういったトラブルはないだろう。

『ビッグ・リトル・ライズ』は、9月にDVDが販売・レンタル開始予定。興味がある人は、ドラマの内容とともに、ダブルボディのマリリーがどの場面で登場するかにも注目してみるとおもしろそうだ。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ