Entertainment

東出昌大×唐田えりか、それぞれの恋愛観を語る|『寝ても覚めても』

 突然、行方をくらました恋人と、目の前に現れた彼とうり二つの男性……。同じ顔を持つふたりの間で揺れ動くヒロインの年月を見つめ、出品されたカンヌ国際映画祭でも評判を呼んだ濱口竜介監督の『寝ても覚めても』。



 本格演技デビュー作となる本作で、ヒロイン朝子を自然体で演じて深い印象を残した唐田えりかさん。そして、危なげな雰囲気をまとった麦(バク)と優しさで包んでくれる亮平、顔は同じでも性格は全く違うふたりの男性をひとりで演じきった東出昌大さん。大人のラブストーリーを演じたふたりに撮影裏のエピソードと恋愛観について聞きました。

左から、唐田えりかさんと東出昌大さん

左から、唐田えりかさんと東出昌大さん

その瞬間、瞬間を生きられた(唐田)


――今回の役柄を演じてみての感想を教えてください。

唐田:私は朝子と自分が本当に近かったんです。撮影中、その瞬間、瞬間を生きられたと感じていたので、(クランクアップ後は)達成感があったのと同時に、ちょっと抜け殻みたいになりました。

『寝ても覚めても』より

『寝ても覚めても』より

――唐田さんは、デビュー作から役を生きられたと。東出さんは現場で一緒に演じられていてどう感じましたか?

東出:すごくステキなことだと思います。そして隣で見ていても、その通りだったと感じました。クランクインの前に濱口監督のワークショップがあったのですが、僕の場合は、キャリアが5年あって、その間につけたサビのようなものが邪魔になることがありました。だから唐田さんが羨ましいなと思ったし、キャリア関係なしに、嫉妬するくらいの気持ちを抱いたときもありました。

『寝ても覚めても』より

『寝ても覚めても』より

――東出さんは、ひとり二役を演じました。

東出:監督からは演じ分けをしようと思わないでくださいと言われたんです。自分の用意してきたものは、一番遠くにおいて忘れてくださいというのが監督の演出の肝でした。

『寝ても覚めても』より

『寝ても覚めても』より

――唐田さんは事前にワークショップがあってよかったですか?

唐田:そうですね。そこで信頼関係が作れました。情けないですけど、私はみなさんに頼らせていただく気持ちでずっといました。東出さんにも本当に甘えてばかりで、麦といるときと亮平といるときの気持ちの持ちようも、東出さんがそれぞれ全然違う空気を出されていたので、私は感じたままにできました。すごくありがかったですし、すごいなと思いました。

『寝ても覚めても』より

『寝ても覚めても』より


次のページ 
人を愛するのはいいことだけど、怖い部分もある(東出)

1
2
『寝ても覚めても』は全国公開中
配給:ビターズ・エンド/エレファントハウス




あなたにおすすめ