Lifestyle

不倫を見抜いたキッカケは…夫の“お風呂にまつわる”習慣だった

夫のスマホを投げて破壊。無言で家出されたが…

「つい、旦那のiPhoneをマンション4階の窓からブン投げちゃったんですよね」  あわてて服を着て出ていくJさん。液晶がボロボロに割れたスマートフォンを回収して帰ってくると、有希子さんが何を言っても無視しながらノートパソコンやスーツを持って出て行ってしまいました。 割れたスマホ、スマートフォン「お互い全く連絡を取らないまま6日が過ぎて…ちょっと心配になってきた頃に、ふと旦那が帰って来たんです。そして『エステシシャンとは別れたし、もう不倫はしない、ごめん』と謝ってきました」  今回だけだよ、と一応許しましたが…まだギクシャクしたままだそう。 「ですが、Jがまた元どおり全裸でリビングにくるようになったので…ちょっと安心したんですよね。もうずっとこのままでいいから不倫はやめてもらいたいです」  元々、嫌だった習慣に安心してしまうなんて…皮肉なものですね。 <文&イラスト/鈴木詩子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【鈴木詩子(すずきしいこ)】 漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。
鈴木詩子
漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ