Lifestyle

東大卒「完璧な夫」の変すぎる性癖…妻の腕にはアザが

 恋愛市場の中でもズバ抜けた人気を誇る「東大卒男性」。官僚、医者、弁護士、会社経営者、コンサルタントなどそうそうたる職業に就く人も多く、転職サイトDODAの調査によると東大出身者の17%が年収1000万円以上だったそうです(※2011年1月~2012年12月31日の期間にDODA転職支援サービスに登録した21~59歳のホワイトカラー系男女が対象)。

東京大学安田講堂 そんな「東大卒夫」と結婚した「極道の妻たち」ならぬ「東大の妻たち」、そのめくるめく結婚生活はいかなるものなのでしょうか?

銀行員からコンサルへ、華麗なる転身を遂げた夫


「『あんたの旦那は頭いいし仕事もできるし、ホント勝ち組だよね』ってよく言われます」

 そう語るのは、結婚4年目で主婦のタカコさん(仮名・32歳)。夫のヤスヒロさんは東京大学工学部卒の超がつく理系で、メガバンクから世界的に有名なコンサルティングファームに転職したエリート中のエリートです。一方、タカコさんは“お嬢様大学”として知られる白百合女子大の出身で、芯の強い良妻賢母タイプ。まずはその出会いについて聞いてみると…?

「主人との出会いは大学のインカレサークルです。男子は東大生のみ、女子は白百合、学習院、聖心といったさまざまな女子大の学生が入り混じっているコミュニティで、ほとんど“出会い系サークル”と化していましたね。主人は私より1つ下の後輩で、主人から告白されて付き合い始めました」

恋愛に不慣れで、デートの度にいちいち感動してくれた


 ヤスヒロさんの東大生らしい論理的なところに惹かれたというタカコさん。

「話術にも長けていたので、他のサークルメンバーから頼りにされていました。そんな夫なんですが、私が生まれて初めての彼女だったようで……。デートで私にリードされていちいち感動していたり、何かにつけ『好き』『愛してる』と言ってくれたりしました。そんな、意外に“ワンコ系”なところにも母性をくすぐられましたね(笑)」

お嬢様

写真はイメージです(以下同じ)

 タカコさんは「東大卒男性は恋愛に不慣れな人も多いので、自分好みの男に調教していくにはいいんじゃないですか?」と語ります。なお、二人で結婚生活を始めた今も、ヤスヒロさんのロジカルさは変わらない模様。

主人は家事も分担してくれるのですが、全ての家事について『献立を決める』『夕食作り』『買い物』などひとつひとつ洗い出してチャート化しています。さらに、標準時間(それぞれの作業を完了させるのに必要な平均時間)を設定し、家事を“見える化”しているんです。そうすれば、夫婦のどちらに負担がかかっているかも一目瞭然なんだと」

 一見「完璧な夫」に見えるヤスヒロさん。ところが……。

次のページ 
妻だけに見せるクセがスゴい

1
2




あなたにおすすめ