Beauty

毛穴のポツポツがついに消えた!10年前より若いお肌の秘密

 気になる気になる、毛穴が気になる。シワが気になる。タルミが気になる。20代のときはもっと堂々としていられたのに、老けてゆく肌を鏡で見るたびほんとガッカリ…。

肌の悩み もうあのツヤツヤの肌は戻ってこないと、失望すら感じている30代40代の女性は少なくないのでは? かく言う筆者も残念ながらその一人です。

 岩崎裕美子さんも、かつては私たちと同じように悩んでいたのですが…。

 まずは、36歳の頃の岩崎さんと、10年後、46歳の彼女の写真をご覧ください。

36歳の岩崎裕美子さん46歳の岩崎裕美子さん 10年経つのにむしろ若返っている!? いったいなぜこんなに変わったのでしょう?

 36歳の頃の岩崎さんは広告代理店で営業本部長として、朝から深夜までバリバリ働いており、その不規則な生活のために、営業先で40代に間違われることがしょっちゅう。実際、鏡をのぞくとシミ・シワ・タルミがひどくて、自分でもうんざりするほどだったそう。

 スイッチが入ると何でも徹底的になってしまう彼女。キレイになれるコスメを探すため、仕事の合間をぬってあれこれ調べ始めました。すると、一般的に販売されている「クレンジング」と「食器用洗剤」がほとんど同じ成分でできていることを知ってビックリ!

理想のクレンジングについて
今すぐ知りたい!>>>

36歳女性が理想のコスメ作りに奮闘!


「不要な成分はいらない。ちゃんと変化を実感できる、肌に優しいコスメが欲しい。ないなら自分で作ろう!」

 岩崎さんは一念発起して会社を退職し、自分の化粧品会社を立ち上げます。

 まずは、理想とするコスメを作ってくれるパートナー探しから始め、「化粧品で肌なんて変わらないよ」と言われつつも、自身の思いに賛同してくれる製造メーカーと出会います。

 それからもなかなか思うようなものができず、成分の量や質を妥協したくないと試行錯誤を重ねる日々。そうして、発売予定日を延期にしながら苦労の末ようやく完成したのが、マナラ「ホットクレンジングゲル」です。

マナラホットクレンジングゲル ちゃんと肌の変化を実感できる使い心地に岩崎さんも納得。今では販売累計1,000万本以上のヒットコスメになっているそうです。

販売累計1,000万本以上!
大人気クレンジング詳しくはコチラ>>>

クレンジングなのに90%以上が美容液成分


 さて、どんなコスメなのか、すごーく気になりますよね!

 マナラ「ホットクレンジングゲル」は、黒いポツポツ毛穴を根本からケア。

 筆者も試してみたのですが、肌の上で温かくなるゲルに含まれた保湿成分が角質を柔らかくして、肌に負担をかけることなく毛穴に詰まった汚れをするっとオフしてくれました。

頑固な毛穴汚れもすっきり また、クレンジングでありながら、なんと91.3%が美容液成分とのこと!

 コラーゲンやヒアルロン酸、スクワランなどが配合されているから、洗いあがりはしっとりプルプルに…。潤いや透明感まで与えてくれるというスグレモノなんですって。

 汚れは落としたいけど潤いはほしい、私たち世代にピッタリのクレンジングですね。

美容液成分90%以上

90%以上美容液成分のクレンジングを
もっと知りたい!>>>

「肌が回復していくのが自分でもわかった!」


 もちろん、マナラ「ホットクレンジングゲル」をお手入れに取り入れた女性たちは、キレイになった肌をしっかり実感しているようです。その声を聞いてみると…

41歳「30代の頃、街角のアンケートで40代に間違われ、ショックを受けて購入。

 肌が少しずつ回復していくのが自分でもわかったんです!毛穴のブツブツも取れ、小じわやシミも目立たなくなりました」(堤さん 41歳)

36歳「メイク落としをこれに変えてから、毛穴汚れがスッキリ。
ダブル洗顔がいらないので、時短にもなってとても便利」(笠井さん36歳)

 お肌のケアはしたいけど、日々忙しくて手が回らない筆者としては、うらやましい限りです!

幸せの口コミを
もっと見る!>>>

アンケートに答えた全員がコスメを試せる♪


マナラ「ホットクレンジングゲル」 マナラ「ホットクレンジングゲル」が気になった方に朗報! 今ならWEBで全4問のカンタンなアンケートに答えるだけで無料プレゼントキャンペーン中だそう。これならタップリと7日分試せるので、いきなり購入して自分の肌には合わなかったなんて大失敗することもないですね。

 仕事に家事に子育てに毎日忙しくても、歳のせいにして諦めないで。私たちはきっともっとキレイでいられるはず。毛穴の気にならないツヤツヤ美肌を一緒に目指しましょう!

アンケートに答えるだけで無料プレゼント!
くわしくはコチラ >>>

<文/林らいみ 提供/株式会社ランクアップ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

林らいみ
フリーライター。大学院で日本近世史を研究した硬派の歴女。舞台・映画・ドラマが好物。観たい舞台があれば万難を排して劇場に馳せ参じ、好き勝手言っている。たま~に歴史系記事を書く。




あなたにおすすめ