Entertainment

「おいしい食事より痩せるほうが快感」発言をトップモデルが後悔

「どんなに美味しい食べ物も、痩せているという快感にはかなわない」

 2009年当時こう発言し議論を巻き起こしたのは、スーパーモデルのケイト・モス(44)。しかしケイトはもはや、その考えを捨てたという。

ケイト・モス

ケイト・モス

 先日行われたNBCのメーガン・モリーとのインタビューで、ケイトはこう話した。

「友達が良く言ってたのよ。ビスケットをかじりながら、『ああ、美味しいものを食べるより、痩せているって方が快感ね』って。キャッチコピーみたいにね」

「今は(ファッション業界も)多様になってきて、良いことだと思う。体格や人種、身長の違うモデルがたくさんいるわ。同じ体型のモデルだけで、どうやって多様性を表現するの? だから本当に昔より良くなっていると思うわ」


 冒頭の発言は当時、大きな話題を呼んだ。各メディアをはじめ、メンタルヘルスや摂食障害に取り組むグループなどからバッシングを浴びることに。さらにこのケイトの“迷言”が掲載されたTシャツが販売された際には、SNSで批判の声があがり販売中止となった。

 この発言に対しては、同業者であるモデルからも厳しい声があがった。モデルのケイティ・グリーンは、「セイ・ノー・トゥ・サイズ・ゼロ」キャンペーンを始め、こう非難した。

「現在イギリスだけでも110万人もの人が摂食障害に苦しんでいます。ケイト・モスの発言は拒食をあおるようなものです。拒食症に関するサイトを読めば、この発言のおかしさが分かるでしょう」

 0サイズは、日本でいうと5号サイズ以下。つまり“痩せすぎ”であることを意味するが、モデルの中には0サイズのモデルも多いという。過去には、拒食症でモデルが死亡した悲劇も起こっている。

 こうした“痩せすぎモデル”の起用を中止するファッションブランドも出てきている一方で、モデルがゼロサイズで、スーパースキニー体型であるのは『当然』とみるモデル事務所も依然、存在するという指摘もある。

「細いに越したことはない」とKY発言も。最近では健康志向に


 米経済誌の「モデル所得番付」トップ3の常連で、モデルとして商業的に大成功を果たしたケイト。“セクシーな女性”、“ファッションアイコン”として、世間からもてはやされてきた。

 一方で、アルコール依存や薬物疑惑、パーティ三昧で私生活が荒れていると、かねてから噂されてきた。さらに、ファッション業界がモデルの“痩せすぎ”を問題視している中、「細いに越したことないでしょ!」とKY発言し、話題になったこともあった。


 だが今では、自らモデル事務所を立ち上げて若手モデルたちを育成し、プライベートでは一人娘を大事にする母親としての顔も見せている。また最近は「ちゃんとベッドで眠って、たくさん水を飲むの。コーヒーやたばこは、ほどほどにしてるわ」と明かし、昔のケイトからは想像できないくらい健全な暮らしを心掛けているらしい。

「どんなに美味しい食べ物も、痩せているという快感にはかなわない」という考えを改めた背景には、ケイトのこうした変化も関係しているのかもしれない。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ