Entertainment

ローラ、hydeもコスプレした「悪カワヒロイン」が再び。ハロウィンで狙い目?

 ツインテールに短いホットパンツから見えるキュートなお尻…。

 2016年に大ヒットしたアクション映画『スーサイド・スクワッド』で一躍注目を浴びた史上最強の“エロカワイイ”ヒロイン、ハーレイ・クインのスピンオフ映画が公開されることがわかった。

マーゴット・ロビー

マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クイン

『バットマン』や『スーパーマン』で知られるDCコミックスの悪役が集結するアクション大作『スーサイド・スクワッド』。このなかでひときわ熱い視線が注がれたハーレイ・クインのスピンオフ映画『バーズ・オブ・プレイ』が、2020年2月7日に公開されることがワーナー・ブラザースとDCエンターテインメントにより正式に発表された。
  
 過激だけど何ともカワイイ悪役ぶりで人々を魅了したハーレイ役のマーゴット・ロビーは、『バーズ・オブ・プレイ』で製作も兼ねるそうで、今までのDC映画に登場したことのない悪役がフィーチャーされるという。


『バットマン』シリーズでお馴染みの悪党・ジョーカーの精神科医として担当するうち恋に落ち、悪党の仲間入りを果たしたハーレイの役を見事に演じたマーゴット。

 これまで美人女優として人気を博してきたが、最近では演技力も評価され、俳優としてのキャリアを着実に積み上げている。そんなマーゴットは、2015年にハーレイ・クインのスピンオフを初めて提案していたそうで、それ以来アイデアを練りあげてきたという。


 ハーレイの仲間として、ブラックキャナリー、ハントレス、カサンドラ・カイン、レニー・モントーヤといったキャラクターが登場する予定。また、DCユニバースにとって3人目の女性監督で、アジア系女性では初となるキャシー・ヤンがメガホンを取る予定とのことだ。

ローラ、hydeも! 日本でもハロウィンのコスプレで大人気


 映画「スーサイド・スクワッド」のヒットを受け、日本でも“ハーレイ・クイン” のコスプレをする人が続出。特に映画が公開された2016年のハロウィンイベントには、ハーレイ・クイン姿の人たちが多く見られた。

 ハーレイ・クインのコスプレは芸能界でも大人気に。特に注目を集めたのはローラの仮装で、「本家みたい」「似合いすぎ」と絶賛の声が相次いだ。


 また、L’Arc~en~Cielのhydeがハロウィンイベントで披露したハーレイ・クイン姿もキュート過ぎると話題に。



 そのほか、元AKB48の小嶋陽菜、ダレノガレ明美、メイプル超合金などなど、数多くの芸能人がハーレイ・クインに扮した姿を披露している。

 約1か月後に控えたハロウィン。今年もこの“エロカワ”コスプレはお目見えするのだろうか?

 日本公開予定などはまだ不明だが、大旋風を起こした悪カワヒロインに再び会える日を楽しみにしたい。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ