Lifestyle

娘に男の子用の名前をつけるのが米国トレンド。ザッカーバーグも命名

 アメリカで、従来は男の子用と思われていた名前を娘に命名するのが流行っているようです。

赤ちゃん教会で式。名付け命名

写真はイメージです

セレブカップルの娘の名前は男児名ばかりって知ってた?


 米国版『ハフィントン・ポスト Huffington Post』によると、同じ年の2014年に長女を授かったブレイク・ライブリー&ライアン・レイノルズのカップルが「ジェイームズ」、アシュトン・カッチャー&ミラ・クニスのカップルが「ワイアット」と娘を命名。


 フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグも長女に「マックスウェル」、次女に「オーガスト」とそれぞれひと昔前なら男の子専用だった名前を付けました。


 この傾向は、なにもセレブの赤ちゃんたちだけではありません。10年前と比べて女の子につけられる頻度が増えた男児名は他にもたくさん。「リーンカーン」「ジュード」「アッシャー」「ニクソン」「クラーク」「ブラッドリー」など、大統領や男性セレブの名前として一度は聞いたことのあるものが並びます。

『アトランティック Atlantic』によると、今では女児名としてお馴染みの「アシュリー」「シャノン」「シャーリー」「ビバリー」も、実はもともとは男の子専用だったとか。

 男児名・女児名のボーダレス化はだいぶ前から起こっていたそうで、“無骨な西部男”の名前として人気のあった「ダコタ」は、女優のダコタ・ファニングの登場によって、90年代に一気に女子っぽい名前として定着していったそう。いつの時代もセレブの影響は大きいのです。

ダコタ・ファニング「I am Sam : アイ・アム・サム」

ダコタ・ファニングが名子役として注目された「I am Sam : アイ・アム・サム」松竹

じゃあ、なんでみんな息子には女児名をつけないの?


 近年、アメリカで広まっている男女格差廃絶の動きも、名前のジェンダーボーダレス化に拍車をかける一因。

 その一方で、アメリカの男の子のトレンド名は「ジャックス」や「エース」「タイタン」「ゼウス」などスーパーヒーローみたいなもので、従来よりもマッチョ化が進んでいるとか。

 その中で攻めているとされるのは、「ブルー」「ノース」「ライリー」「ロビン」などのユニッセックス名。男児名のジェンダーレス化はもう少し時間がかかりそうだと言われています。

ジェンダーgirl or boy『ザ・アトランティック The Atlantic』によると、こうした現象は、「一方のグループが他方より勝っていると思い込んでいる際に起こりがち」なのだそう。また、「女子のマッチョ化はかっこいいけれど、男子のフェミニン化はダサいという根強い思い込みがある」とも。

 最近は日本でも、「あおい」などの男女両方に使える名前を赤ちゃんにつけるのが流行っているとか。米国と同じく男の子に女児名を付けることは当分なくても、そのうち「たかし」や「けん」などザ・男児名を持つ女子が現れる日も来るのでしょうか?

Source:
「Huffington Post」https://www.huffpost.com/entry/these-traditionally-male-names-are-becoming-more-popular-for-girls_n_5b9ff0a9e4b04d32ebfb2844
「The Atlantic」https://www.theatlantic.com/family/archive/2018/09/girls-names-for-baby-boys/569962/

<文/アメリカ在住・橘エコ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。 ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。
女子SPA!にコメント機能がスタートしました!
右上の「コメント」ボタンからぜひ記事の感想などをどうぞ♪
同じボタンから他の人のコメントを見ることもできます!
「いいね」ボタンもあるので、ぜひチェック♪
なお、トライアル版につきコメント反映までしばらく時間がかかることがございます。




あなたにおすすめ