Lifestyle

ワイキキでホテル3つがオープン♪でも、今ハワイに旅行する人は注意を

 日本人が大好きな海外旅行先ハワイのワイキキで、今ちょっとしたホテルのリニューアルラッシュが起きています。中でもおすすめの3つをご紹介。

ワイキキビーチ目の前の一等地「アロヒラニ・リゾート」



 ホテルのすぐ目の前にワイキキビーチが広がる最高のロケーションにあるのが、「アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ」です。以前は「パシフィック・ビーチ・ホテル」という名前で運営されていたのですが、全面改装を行いホテル名も新たに2018年5月にオープンしました。

 このホテルの目玉は、ホテル5階にできた新しいプール。プールの端がワイキキビーチの水平線上に重なり、まるでワイキキの海で泳いでいるような感覚になれるインフィニティプールを採用。さらに、世界的に知られる鉄人シェフ、森本正治シェフの新しいレストランもビーチ沿いにオープンし、ワンランク上のステイができそうです。

ダイヤモンドヘッドビューが最高「クイーンカピオラニホテル」



 ワイキキの東端に位置し、ワイキキを象徴するダイヤモンドヘッドを望むベストポジションに位置する「クイーンカピオラニホテル」。約3000万ドル(30億円)をかけた大規模改装が行われ、ホテルのロビーはもちろんプールがあるデッキエリア、各客室もすべて改装され、2018年にモダンに生まれ変わりました。

 このホテルはホノルルマラソンなどの各種イベントが行われるカピオラニ公園が目の前で、ホノルルマラソンに出場するランナーにも人気が高い隠れ家的ホテルなのだそうです。またワイキキビーチも歩いて数分の距離のため、満足度が高い注目のホテルとなりそうです。

三井不動産が手がけるラグジュアリーホテル「ハレプナ ワイキキ」


「ハレプナ ワイキキ」のエントランス(完成イメージパース)/三井不動産プレスリリースより https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2018/1003_03/index.html

 ワイキキにある老舗高級ホテル「ハレクラニ」の姉妹ホテルである「ワイキキパークホテル」が、新しいブランドとなって生まれ変わることが発表されました。手がけるのは、三井不動産株式会社。ハレクラニのような名門ホテルのホスピタリティを兼ね備えた、新ブランド「ハレプナ ワイキキ」として2019年秋に生まれ変わる予定です。

 ワイキキの奥まった場所にある288室の小規模ホテルで、以前より落ちついた雰囲気があると定評がありました。三井不動産がバックアップするラグジュアリーホテルが今から楽しみです。

 ただ、いまワイキキを含め、ハワイでは旅行するのがちょっと不安になってしまう状況が起きています。

次のページ 
いくつかのホテルでストライキが発生中

1
2




あなたにおすすめ