Gourmet

バズりまくりの「ほぼ100円飯」レシピ3つ。茶碗蒸しやピザも超カンタン

納豆と油揚げのピザ(1人前148円)の作り方

納豆と油揚げのピザ<材料(1人分)>  納豆  1パック(32円)  油揚げ  2枚(35円)  トマトケチャップ  大さじ1  ピザ用チーズ  50g(81円)  黒こしょう  適量  納豆付属のたれ  1袋 <作り方> 1. 油揚げの表面全体にトマトケチャップを塗る。 2. 納豆をのせて広げ、チーズを散らす。 3. オーブントースターで10分焼く。たっぷりの黒こしょう、付属のたれをかけ、好みでパセリをふる。  納豆も油揚げも常備してありますが、納豆はそのまま、油揚げは味噌汁に入れるだけ、とワンパターンになりがちなメニューに私も悩んでいました。この納豆ピザはおつまみにしてもいいですし、何より低糖質なのがうれしい。最近私、ちょっと体重が増えたので、納豆トーストの代わりにいただきました。腹持ちもいいです。

厚揚げのチーズ煮浸し(1人前123円)の作り方

厚揚げのチーズ煮浸し<材料(1人分)>  厚揚げ  150g(65円)  麺つゆ(3倍濃縮)  20ml  水  60ml  溶けるスライスチーズ  2枚(58円) <作り方> 1. 耐熱容器に厚揚げを入れる。 2. 麺つゆ、水を加え、チーズをのせる。 3. 600Wの電子レンジで2分30秒加熱する。好みで万能ねぎをのせ、七味唐辛子をふる。  お豆腐も厚揚げになると、一気にボリュームアップ。さらにこちらも低糖質といったおまけつき。グラタンやドリアっぽいものが食べたい! でもカロリーが心配、と躊躇した時など、見た目もお腹も満足しそうではないですか。忘年会が続く、これからの季節にもぴったりですね。  メインとなる食材は、コンビニでも買える身近なものばかり。本書には、缶詰や乾物を利用した主菜や市販品を組み合わせたデザートなど、盛りだくさんの内容となっています。  ひらめきとアイデアで「ほぼ100円」料理が、無限の広がりを見せてくれるのです。一読し、何品か作ってみただけで、私もすっかり料理上手な気分になりました。 ―小説家・森美樹のブックレビュー― <文/森美樹> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
森美樹
1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓。Twitter:@morimikixxx
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ