News
Lifestyle

レジ袋有料化でまさかの事態に…ハワイでの買い物にご注意を

 プラスチックゴミによる環境問題の対応策として、3年前からレジ袋が全面有料化されているハワイ。オアフ島では、2018年7月からはレジ袋1枚の料金が、従来の10セントから15セント(約15円)に値上げされ、買い物時のマイバッグ持参化がますます進んでいます。 レジ袋 でもそんな中、地元のニュースで報道されたのが万引きの増加です。その実態とは……?

オアフ島ではアパレルショップでもレジ袋は有料

 ハワイのオアフ島でレジ袋有料化が定められたのは2015年。マイバッグを持参しなかった客や、レジ袋購入を希望する客には、一律1枚10セントの料金が徴収されていました。そして、2018年7月からはその値段が15セントにアップ。スーパーマーケットやドラッグストアといった日用品店はもちろん、デパート、アパレルショップなどでもすべて、有料化の対象となっているんです。 ハワイで買い物 レジ袋有料化が施行されてから数年、普段の買い物においてもマイバッグを持参している人の割合がかなり増えていることを、現地在住の筆者は肌感覚で実感しています。ただ、マイバッグを忘れてしまったときや、少量の買い物をしたときなど、「レジ袋を購入するのはもったいないな」と思うもの。そんなとき、清算後は商品をむき出しのまま手に持って店を出る…というケースが多発しています。
次のページ 
レジ袋有料化の影で万引きが増加
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ