News
Lifestyle

ツイッターに年13回の投稿で影響力世界1位の女性って誰?

わずか13回のツイートでも存在感!歌姫テイラーの実力

 商品売上に貢献したインフルエンサーとは違った意味で、2018年SNSで影響力を及ぼしたセレブには歌手のテイラー・スウィフト(28)の名前が挙がっています。 『ビルボード Billboard』によると、SNS分析会社ブランドウォッチが発表した「2018年最もツイッターで影響力を持つ女性」で98点を獲得し1位に輝いたテイラー。  今年、彼女がツイートした回数はわずか13回。その全てが上半期までに投稿されており、内容も自身のミュージックビデオやコンサートツアーに関するものばかり。話題になった「反トランプ宣言」はインスタグラムでされたもの、ツイッターではありませんでした。  しかし、ツイッターのフォロワー数は8300万以上、インスタグラムの1億1300万には負けるものの、1度のツイートに対しての反響は大きさが考慮され影響力トップに輝いたそう。  ちなみに同ランキング、男性の1位は元ワン・ダイレクションのリアム・ペイン(25)、2位はドナルド・トランプ大統領(72)でした。 「ELLE」https://www.elle.com/uk/fashion/celebrity-style/g25234530/2018-ultra-influencers/ 「Forbes」https://www.forbes.com/sites/katetalbot/2018/11/25/from-nano-influencers-to-instagram-entrepreneurs-3-hot-trends-in-influencer-marketing/1#4e5c24e43b6e 「Bloomberg」https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-11-29/what-it-takes-to-make-instagram-influencing-a-full-time-career 「Billboard」https://www.billboard.com/articles/columns/pop/8487115/taylor-swift-most-influential-woman-twitter-2018 <文/アメリカ在住・橘エコ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ