Entertainment

52歳下の彼女と破局した、モテモテ75歳のロックな女性遍歴

 これまで5人の女性との間に8人の子供をもうけ、5人の孫がいる英ロックバンド「ローリング・ストーンズ」のミック・ジャガー。現在、御年75歳のミックに8人目の子供が生まれたのは、73歳のとき。このときも、子供の母親が当時29歳という若さだったこともあり、世間は大騒ぎになった。  それからわずか1年後の2017年には、映画プロデューサーのヌーア・アルファラ(23)とデートする姿が目撃された。ミックがまたしても新しい恋を手に入れ、しかも相手が52歳下であるという事実に世界は呆然…。しかし、人々を驚愕させたこの52歳差カップル、どうやら破局したようだと報じられている。
ミック・ジャガー

ミック・ジャガー

 ミックとヌーアは昨年10月、ザ・ローリング・ストーンズの「ノー・フィルター」ツアーのパリ公演の際に交際報道となっていた。  デイリー・メール紙によると、ヌーアはミックと交際中からすでに、ミックと見た目がうりふたつの慈善家で投資家のニコラス・バーグレン氏(57)に乗り換えていたようだという。  その証拠に、今年の8月ヌーアはインスタグラムにニコラスとのツーショット写真を投稿し、「誕生日おめでとうニコラス! 私の共犯者! 更なる飛躍を祈るわ! あなたと一緒に祝うことができてとても幸せ」と綴っていた。
 ミックとヌーアの交際について以前ある関係者はこう話していた。 「かの有名なミックの人を惹きつける魅力は健在ですが、バンドメンバーも今回これだけ若く綺麗な女性が相手ということで驚いていました」 「2人は共にシングルですし楽しい時間を一緒に過ごしたようですよ。だからみんなうまくいくよう見守っているんです」  2人は共通の友人で、『ラッシュ・アワー』『X-MEN: ファイナル ディシジョン』などで知られるブレット・ラトナー監督を介し知り合ったといわれている。

4000人斬り!? 超肉食サー・ミックのすごい女性遍歴

 本国イギリスではもちろん、日本も含め世界的な人気を誇る「ローリング・ストーンズ」のフロントマンとして活躍してきたミック。2003年には音楽での功績が認められ、英国女王からナイトの爵位を授与され、“サー・ミック”と呼ばれるようになった。  そんなサー・ミックの恋愛遍歴は、音楽活動と同じぐらい盛ん。これまで、多くの女性と交際、不倫、結婚、離婚を繰り返し、女優で歌手のマーシャ・ハント、モデルのビアンカ・ジャガー、元祖スーパーモデルのジェリー・ホール、モデルのルシアナ・ジメネス・モラドら、元妻や恋人たちとの間に7人の子供をもうけた。
 いまでは5人の孫がいるが、2014年には元妻ビアンカとの間にできた娘ジェイドの娘アッシジが女の子を出産したことから、ジャガーは曾祖父となった。  過去に出版された非公認の伝記本で、「4000人の女性と寝ている」と暴露されたミックだが、長年連れ添った元妻のジェリーも自伝で「婚約者がいた私を散々追いかけまわした。私はその誘惑に負けてしまった」とミックのすさまじい肉食ぶりを明かしている。
 ただその間、元妻のビアンカが俳優ライアン・オニールと不倫していたことが発覚したり、2014年に13年間付き合っていたデザイナーのローレン・スコットが自殺したりといった悲しい現実に直面したこともあった。  ローレンの死後、ミックの精神状態が心配されたが、2016年には40歳以上年の離れたバレリーナ、メラニー・ハムリックとの間にできた8人目の子供が生まれた。ちなみにメラニーとは子供が生まれる前に破局していたという。  最近では、音楽プロデューサーのデイヴィッド・フォスターが34歳下の女優と5度目の結婚をして話題に。日本でも加藤茶が45歳差婚をして大いに騒がれた。でも、ミックに比べると、なんだか大したことないような気がしてくる…サー・ミック、恐るべし! <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ