Lifestyle

セックスレスのまま結婚はアリ? レス解消した人にコツを聞いたら…

おおしまりえの 目指せ!デキたら婚

 恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。

 結婚にはあまり興味はないけれど子どもは欲しい! そんな希望から、パートナーの仏くんと、独身のうちから妊活と結婚について考え始めるお話です。

<前回までのあらすじ>
気がつけば子どもが欲しいという妊活熱が下がっているおおしま。その原因は仕事か、それとも情報量の多さか。はたまた妊活の面倒くささなのか。色々考えた結果、1つ1つ潰しながら、前回は気分転換に家事代行サービスを頼んでみたところ、少しだけ変化も出てきたような…。

目指せ!デキたら婚

家事代行サービスを経験して気がついたこと


 部屋がキレイだと運気が上がる。よく言われていることだけど、本当にそう思います。

 家事代行サービスのおかげでキレイになった家をみて、意外と掃除というのは短時間でできるし、その後の気分が凄くいいことに改めて気づきました。年末も近いし、整理整頓するなら今だ!

 そう思って、最近暇さえあればエッサエッサと本や服をまとめだし、どんどん部屋からリリースしている日が続いています。

整理整頓で見つけた「セックスレス対策」の片鱗


本棚 ダンボール三箱分にもなった本は、なんと数えたら111冊もありました。そんな中、ふと1冊の本のタイトルが目に入ります。

『スローセックス』

 それは引き出しの奥の奥にしまいこまれていました。確か数年前、仏くんとの関係をもっとよくするため、というかセックスレス防止のために買ったのですが、全然手にすることのなかった本です。

 さらにその隣には「膣ボール」なる、女性の尿もれや感度向上アイテムが。これも確か、レス防止策の1つとして数年前手にしたまま放置していた品物です。

「整理整頓とは、物だけではなく人間関係や悩みの整理整頓も大切である」ってどっかで読んだことがありますが、まあ物が先か心が先かの問題です。

 部屋がキレイになるにつれ、仏くんとの問題で次に着手すべきは、グズグズしている“結婚”の問題と、妊活といいながらもレス気味であるという状況の整理整頓ではないかという課題が見えてきます。

次のページ 
レス解消カップルを探すと…

1
2




あなたにおすすめ