♂&♀

セックスの相性についてみんなが勘違いしていること|性活コラム

AV男優・森林原人の性活コラム 第42回】

経験人数延べ9,000人、出演本数10,000本以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人さんが、性にまつわるあれこれについて語ります。

テクニックと快感の大きさは比例しない


向き合うカップル 皆さん、殿始めはお済みになりましたか? 僕は、性教育動画を作成するプロジェクトで、かつてないほどバタバタした年明けを過ごしています。

 今まで色々な性体験をしてきて、それなりに網羅したなと思っていたのですが、産婦人科医の上村先生と一緒に性教育について色々と考えていくと、まだまだ性の世界は広いなぁと学ぶことがいっぱいでした。

 性教育は、ジェンダーから人権、コミュニケーションやセックステクニックの話までいろいろなところまで広げて考えられるものです。その基本には、あらゆる多様性を認めること、個別と総合の両方の視点を持つこと、リスクと喜びが表裏一体だと認めることがあります。

 セックスの話に特化して言えば、快感の大きいセックスをするには、テクニックを持つ相手とすればいいわけではなく、自分の体と向き合いよく知っておき、それをお互いに伝えて受け止め合うコミュニケーションが必要になってきます。

 これは、普段の会話でも一緒で、どちらか一方が聞き上手話し上手なだけではダメで、お互いに自分の考えや気持ちをまとめておき、その上で相手と向き合い伝え合うことが楽しく有意義な会話になります。

回数を重ねるごとに快感が増すセックスが本物


カップルの手 だから、セックスにおいても、生まれ持った性器の形状だけで、鍵と鍵穴のようにぴったりとはまるような最高の相性というのはないんです。気持ちいい時は、相手とのコミュニケーションがしっかり取れている時なんです。逆に、気持ちよくない時は、コミュニケーションが取れていないコミュ障セックスになってしまっている可能性が大いにあります。

 コミュニケーションは、お互いのことをよく知れば知るほど円滑になっていきます。つまり、1回目のセックスより2回目、3回目のセックスの方がコミュニケーションがしっかり取れるようになる分だけ気持ちよくなるはずです。

 もし1回目のセックスが1番気持ちいいと思っているとしたら、その方の気持ちいいは、頭での興奮によるものです。相手とのコミュニケーションではなく、新鮮さや、セックスに至った達成感など、思考で処理される気持ちいいです。端的に言って、気持ちいいが共有されていません。

 もちろんそれが一概に悪いわけではありませんが、同じ人と継続してセックスしていくには、相手との共有が欠かせないので、それがないエゴセックスは、セックスレスに繋がります。

気持ちいいセックスの心得は3つだけ


ファストセックス コミュニケーションセックスの心得は、一回目は、〈 目を見て、何度もキスして、相手が嫌がることをしない 〉これだけです。上手いと思われたいとか、テクニックを駆使しすぎて男慣れしていると思われたくないとか、そんな駆け引きせず、相手とどれだけ向き合えるか、それだけが大切です。1回目にちゃんと向き合えた相手となら、次はもっと向き合えると、向き合ってくれた相手なら絶対に思います。

 そしてそれが結果的に、継続してセックスを楽しめる2人になっていきます。コミュニュケーションセックスは、セックスレスにならないための最高の予防法なのです。

 こんな感じの内容をオブラートに包み、10代にも伝えていきたいなーと思っていますが、進みすぎですかね? 皆さんのご意見、コメント欄でお待ちしてます!

森林原人さん

森林原人さん

<文/森林原人>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【性活相談者を募集!】
森林原人さんに悩みを相談したい方は、こちらのお問い合わせフォーム(https://joshi-spa.jp/inquiry)まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。

森林原人
1979年生まれ。1999年にAV男優デビュー。出演本数1万本。経験人数9千人。セックスの虜になり道を踏み外したと思われているが、本人は生きる道を見つけられたとむしろ感謝している。著書に「イケるSEX」(扶桑社)他。性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」とオンラインサロン「森林公園」を運営。 ★Twitter(@AVmoribayashi




あなたにおすすめ