Gourmet

無印良品「890円のぬか床」に感動。野菜を入れるだけで驚きのおいしさ

 今年は、“ぬか漬け”はじめます。 ぬか漬け みなさん、2019年の目標は決まりましたか?「今年こそは……」という中に、「“ぬか床”はじめるぞ!」という願望を持っている人はいませんか? ぬか漬けは日本食を代表する発酵食品ですし、塩分に気をつければ、素晴らしい健康・美容食ですよね。憧れます! でも、ぬか床って、作るのが難しそうだし、維持をするのも難しそう……。というのが大半のイメージではないでしょうか。  そこで今回は、そんな不安を一掃してくれる素晴らしいアイテム、無印良品の「発酵ぬかどこ」をご紹介したいと思います。昨夏から店舗限定で発売され、今もなお品薄状態になっているようです。さてさて、その実力はいかに……。

無印のぬか床とは、どんなものか?

無印良品の「発酵ぬかどこ」890円(税込) 実際の商品は“ぬか床”が袋に入ったもので、890円(税込)。このアイテムの魅力を整理すると、 ①すぐにそのまま使える 通常ぬか床を作るとなると、最初の2~3週間は「捨て漬け」という工程が必要。これは、くず野菜を漬けて、ぬか床に乳酸菌を適度に増やしていく作業(発酵)なのですが、これが不要で、ぬかの味調整(こんぶ・唐辛子)もされています。 ②パッケージの中で漬けることができる 厚手のパックに入っているため、ここにそのまま野菜を加え、外からモミモミして漬けることが可能。漬けられる量は、キュウリ1~2本+ナス1~2本+ニンジン1本+α。予想以上に結構たくさん入ります。 ③毎日かき混ぜなくてOK 「冷蔵庫」で漬けることを前提にしているため、週に1回かき混ぜればOK。これこそが、ぬか漬けの難易度を一気に下げてくれるポイントでしょう。  では実際に漬けてみることにしましょう!
次のページ 
漬け方は、ミラクル級にカンタン!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ