Gourmet

驚くほど簡単、チョコフォンデュの作り方。家でおしゃれにバレンタイン♪

 気持ちが伝わる、超カンタン手作りチョコ。 チョコレートフォンデュ(チョコフォンデュ) もうすぐバレンタイン。チョコレート選びで悩んでいる人はいませんか? 有名ブランドや巨匠の高級チョコもいいですが、やっぱり“手作り”は別格ですよね。どうにか失敗なく、おしゃれに、手間なく作れたとしたら、良いと思いませんか? 「クーベルチュールチョコレート」製菓用チョコ(ミルク) そこで今回オススメしたいのが、フルーツで彩る「チョコレートフォンデュ」。ものすごく豪華なのに、ほんの30分あれば誰でもカンタンに作れてしまいますし、チョコを送る相手と一緒に作れば、心の距離もぐっと縮まるかもしれません。さあ早速、「フルーツたっぷりチョコフォンデュ」のレシピをご紹介することにしましょう!

材料は3種だけ!

 用意するのは、お好みの果物、製菓用チョコ(ミルク)100~150g、生クリーム100~200ml。 材料:お好みの果物、製菓用チョコ(ミルク)、生クリーム 果物のオススメは、バナナ、イチゴ、リンゴ、キウイ。特にルールはないので、彩りを考えて集めるのも良いですし、相手の好みを考えてチョイスするのも良いでしょう。ドライフルーツを加えても大人感が演出できます。また、生クリームの「乳脂肪分」には絶対の正解がないので、手頃なものを選んでよし。唯一気をつけるべきは、チョコレートくらい。できれば「クーベルチュールで丸型のもの」がオススメです。(理由:溶かすためにチョコを刻む必要がないこと、溶かしやすいこと、失敗が少ないから) クーベルチュールチョコレート(ミルク)「クーベルチュールチョコレート」とは、製菓用のチョコレートのこと。いわゆる市販の板チョコと比べるとカカオバター(油脂)の含有率が高いため、溶かすとサラサラになりやすい特徴があります。今回は“ミルク”タイプを選びましたが、“スイート”タイプでも良いでしょう。  それでは作っていくことにしましょう。
次のページ 
作り方はたったの3ステップ!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ