Entertainment

毒親に人生を狂わされた元人気アイドル、32歳の今明かす胸のうち

 かつては大スターとして絶大な人気を誇っていたものの、ドラッグやアルコール依存、暴行疑惑などで逮捕と出所を繰り返し、すっかりスキャンダル女優と化してしまったリンジー・ローハン(32)。

 リンジーがいつの間にかトラブルばかりを起こすようになった背景には、有名になった子供を利用しようとする「毒親」の存在が常に指摘されていた。すでに離婚している両親だが、リンジーがそんな両親を復縁させようとしているという驚きの噂が浮上している。

リンジー・ローハン

リンジー・ローハン

 いくつかの米メディアが伝えたところによると、リンジーは2007年に離婚した母ディナと父マイケルをもう一度やり直させようと、お膳立てしたことさえもあったという。

 ニューヨーク・ポスト紙とのインタビューで父マイケルはこう明かす。

「私は(ディナの新しい恋人)ジェシーのことが気に入っているんですが、子供たちは私とディナによりを戻して欲しいんです。長年そうなんですが、最近では私の誕生日に子供たちとディナーに行ったらディナがいたということもあったくらいです。私は知らなかったんですがリンジーが手をまわしていたようです

 母ディナは、出演するリアリティ番組『セレブリティ・ビッグ・ブラザー』の中で、会ったことも画面上で顔も見たこともないというジェシー・ネドラーという男性と5年間交際中だと明かして世間を驚かせていた。

 マイケルは、ジェシーからフェイスブックを通じて連絡を受たことがあるそうで、「彼はとても良い男性だ」として太鼓判を押していた。

 それにしても、本当にリンジーはこの両親の復縁を望んでいるのだろうか?

逮捕歴もある両親。子供をネタに泥仕合繰り返す


 3歳からモデルとして芸能活動を開始し、ディズニー映画への出演で高い評価と人気を得て、歌手デビューも果たしたリンジー。一時はファッションリーダーとして絶大な支持を得ていた。

 ところが20代前後で、徐々に騒動が起きるように。夜遊びをおぼえたリンジーは、アルコール依存症で施設に入所したが、その後も飲酒運転や無免許運転による逮捕・出所が繰り返された。さらに、薬物所持や暴行疑惑、万引きなどでも逮捕され、すっかりトラブル―メーカーとなってしまったリンジーは、「リスクが高すぎる女優」として起用されることがめっきり減ってしまった。

 そんな娘をサポートするどころか、むしろ足を引っ張ったと言われているのが、父マイケルと母ディナだ。


 証券詐欺や飲酒運転、元パートナーへのDVにより数回の逮捕歴がある父マイケル。「娘が心配なんだ」と言いつつ、メディアにべらべら話すため、リンジーが父親に対する接近禁止令を裁判所に申請したともいわれている。

 最悪なことに、母ディナと大喧嘩したリンジーが父マイケルに電話してきたときの声を録音し、メディアに売ったことも。その音声には、リンジーが「ママは薬物をやってるから…」と父に訴えている様子がおさめられているが、そんな娘の必死の叫びを流出させるとは…。

 そんなマイケルからのDVを告発し、「リンジーがグレたのは父親のせいだ」と言い張る母ディナ。しかし、そんな母も娘の飲酒を止めるどころか仲良くクラブ通いし、なんと母ディナが飲酒運転で逮捕される事態に。また、騒動まみれの娘が仕事で再起しようと頑張るなか、母はインタビューで変な受け答えをし、ドラッグかアルコールに溺れているのでは?という疑念を世間に抱かせることに。

 このように、ここでは書きつくせないほどのトラブルを抱えたローハン一家。これまで常に、リンジーが毒親から距離を置き、自立を強くすすめる声が上がっていたが…。

 1998年の映画『ファミリー・ゲーム/双子の天使』では、離婚した両親を復縁させるために奮闘する双子を演じたリンジー。米メディアは、この映画を引き合いに出し、映画さながらにリンジーが両親を復縁させようとしていると報じている。

ファミリー・ゲーム/双子の天使

リンジーの演技力が絶賛された映画『ファミリー・ゲーム/双子の天使』(1998年) ※画像はAmazonより

 もし報道が本当であれば、ローハン家は果たして、家族愛をテーマに描かれたこの映画通りのハートウォーミングな結末を迎えるのだろうか?

 最近では、ロンドンで落ち着いて暮らし、シリア難民の支援など、チャリティーにも熱心に取り組んでいるといわれるリンジー。「毒親」の復縁で再び騒動を起こす日々が復活しなければいいが…。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ