Entertainment

話題騒然、18金ブラのお値段は?アカデミー賞後の大胆パーティドレス

 先日開催された第91回アカデミー賞授賞式後のパーティーに出席した、ある二世セレブのファッションが話題を呼んでいる。  毎年恒例の「ヴァニティ・フェア誌」主催のアフターパーティー。アカデミー賞と同様、豪華な顔ぶれが集結し注目を集めるが、今年とりわけ目立っていたのがゾーイ・クラビッツ(30)。なんと、18金のブラでパーティーにのぞんだというのだが…。
ゾーイ・クラビッツ

約265万円の18金ブラで登場したゾーイ・クラビッツ

 サンローランの黒のロングスカート、価格1万5000ドル(約170万円)から5万5000ドル(約610万円)とされるダイヤモンド入りプラチナブレスレットを5つ、ダイヤモンドがついたプラチナリングを3つ身に着け、パーティーに現れたゾーイ。  特に人々の目を釘付けにしたのは、上半身に着用していた18金のブラ。これは、ティファニーで長年デザイナーを務めるエルサ・ペレッティが手掛けたコレクションのもので、価格は2万4000ドル(約265万円)に及ぶという。  有機的かつ官能的なフォルムで、20世紀のジュエリーデザインに大きな変革を引き起こしたといわれるエルサ・ペレッティのデザイン。確かにすごく美しいけど、ふだん着るには約265万円とは高級すぎるし、そもそも着こなせない!と感じる人は多いと思うが…。  それなのに、どうだろう。ゾーイが着るとこんなにもサマになる。
 ところで、この難易度が超高いファッションを着こなしたゾーイって一体どんな人物なのだろうか?

モテモテだけど密かに婚約していた

 大物ミュージシャンのレニー・クラヴィッツを父に、女優のリサ・ボネットを母に持つ。幼いころに両親が離婚したため、父母を行き来する子供時代を過ごした。  大学では演技を学び、2007年には映画デビューを果たした。その後も話題作に続々出演し、女優としてキャリアを着実に積み上げたゾーイ。最近では、日本でもヒットした映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で美しい魔法使いリタを演じた。  一方で、ハイセンスなファッションでも注目を集め、モデルとしても活躍している。  イケメンハンターとしても知られるゾーイ。これまで、ベン・フォスターやマイケル・ファスベンダーと交際し、さらにブレイク前のエズラ・ミラーとのデート現場を目撃されたことも。  そんなモテモテのゾーイだが、非公表で、密かに婚約していたことが先ごろ判明。パーティーには、お相手の俳優カール・グラスマンとともに参加したようだ。
 大物セレブを両親に持つゾーイ。その境遇に悩んだ時期もあったようだが、今では女優・モデルとして注目され、唯一無二の存在となっている。  それにしても、上半身18金ブラだけというファッションを見事着こなしてしまうあたり、さすがである。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ