News

有名大学の裏口入学&不正入試で女優逮捕。でもコネ入学ってよくあること?

 ハリウッドを巻き込む裏口入学スキャンダルが飛び込んできたのは米時間3月12日。  裏口入学や不正入試の仲介をしていた男が日本円にして約27億円もの謝礼金を受け取っていたことや、人気ドラマに出演していたハリウッド女優が逮捕されたことを米メディアが大きく報じました。

名門大学が採用するレガシー入学って?VIP枠も珍しくない!

『USAトゥデイ USA Today』によると、『デスペラートな妻たち』で知られる女優フェリシティ・ハフマン(56)は長女の入学適正試験の解答用紙を修正してもらうため、『フルハウス』のロリ・ロックリン(54)は娘二人をスポーツ推薦枠で合格させるため、それぞれ仲介業者に賄賂(わいろ)を支払った疑いで逮捕されました。  しかし気になるのが、「多くの裏口入学は長年“合法”として行われてきた。今こそ悪しき習慣を断ち切ろう!」という切り口で紹介しているメディアが多いこと。「卒業生の子どもたちを優遇する“レガシー入学”や多額の寄付が見込める富裕層の子どもたちをVIP待遇で合格させることは、今に始まったことではない」と書いている記事の多さでした。 『バズフィード・ニュース BuzzFeed.News』によれば、米大学の上位100校中3分の4に上る大学がレガシー入学を採用。名門ハーバード大学では白人学生の25%がこの方式で入学しているといいます。  そもそも1920年代にWASP(ワスプ。ホワイト・アングロサクソン・プロテスタントの略。初期移民の子孫たちでアメリカ社会の主流だったが現在は変わりつつある)のために始まったとされるレガシー入学、卒業生を親に持つ受験生の中でも“白人の富裕層”が優遇される傾向は今でも強いことが問題視されていました。

卒業生の子ども優先合格、日本では不適切でもアメリカでは合法

 日本大学医学部が卒業生の子どもを優先して合格させていたというニュースが持ち上がった際、文部科学省は「不適切」と指摘したといいますが、アメリカで同様の優遇措置は未だに合法のよう。  筆者も渡米以来、親子揃ってアイビーリーグを卒業したというアメリカ人の自慢話をたくさん聞いてきましたが、「あれもレガシー入学だったの!?」と思うと複雑な気持ちです。  そして言われてみれば、近隣の某名門大学にIT企業のCEOの娘や欧州某国の次期プリンス、有名俳優の息子などが入学したという話もよく聞くことでした。なるほど、その中にVIP枠で合格した学生がいてもおかしくない話です。  年頃の子を持つ友人(女性・44歳)に意見を聞いてみると、今回のニュースにさして驚くふうでもなく次のように語ってくれました。 「生まれた環境や経済力にもろに影響受ける。哀しいけど、これが今のアメリカ。どこの地域のどの小学校に行くかで、子どもの将来がほぼ決まっちゃうんだよね。アメリカの公立学校ってそれはもう最低、環境も先生の質も。逆にお金のかかる私立は最高だけどね」  ちなみに『NYデイリーニュース NY Daily News』によると、ハーバード大生の親の平均収入は日本円で約2千万円。一方、ニューヨーク州立大学に子どもを通わせる親の約半数の収入が330万円以下だといいます。
次のページ 
フェイク写真でスポーツ入学のセレブ娘、ネット荒らしの餌食に
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ