Entertainment

イケメンが全裸で踊りまくるミュージカルをわざわざNYで観てきた<前編>

 こんにちは。いつも「おいでよ!クソLINEの森」というその名の通りクソみたいな漫画を描いている真船です。長期休暇に単身NYへ行き、とっても女子SPA!向きのミュージカルを見てきたのでご報告します!! Naked Boys Singing!_1Naked Boys Singing!_2Naked Boys Singing!_3「NYって言ったらブロードウェイミュージカルだよね!」と言われるほど、最先端のショーが日夜上演されているこの地。そのブロードウェイから少し離れ、規模感も小さい「オフブロードウェイ」(テレビ局でいったら日テレじゃなくてテレ東、みたいな感じ)でひっそりと、しかしめちゃくちゃロングランされているミュージカルが「Naked Boys Singing!」(ネイキッドボーイズシンギング)。

衝撃的なミュージカルの内容は…?

 その名の通り、「裸の男たちが、歌う!」それ以上でも以下でもない。イケメンたちが、大事な部分を惜しげも無く曝け出し、ブン回しながら歌うというのです。そんなの見るチャンス、他にある?!というわけで、一人で行ってきました。  チケットの値段は、サイトによって幅があるものの、60ドル~110ドル程度。「男にフラれた」と報告するといつも女性向け性感マッサージ店のリンクを送ってくる先輩がいるのだが、その人曰く、「性感マッサージよりは安い」値段。  当日は席がない場合も多いので、事前にネットで購入をしておくのがオススメ。  会場は、女性7割、男性3割という感じ。男性はゲイカップルが多く、女性は大人数の友達グループが多かった。  なんでもこちらのミュージカル、テーマはゲイの世界観。とはいえ別に深刻なものではなくくだらないので、バチェレッタパーティー(結婚前夜・独身最後の夜に馬鹿騒ぎする)でもよく利用されるんだとか。新婦、結構前日忙しいだろうに何見てるんだよ。

ステージに登場したのは全裸のイケメン6人!?

 クスクス笑いが止まらぬ中、いよいよミュージカル開演! 拍子抜けするほどちゃちいピアノの音にあわせて現われたのは…  6人のイケメン!  そして、股間は…  キターーー! モロだしでござるよーーーーー!!!  ちなみに、NYで今一番アツいと言われるミュージカル「Sleep No More」でも主演の男優さんもおニンニンモロだしで衝撃を受けたが、やっぱり6人が「マジで意味もなく」こうしてぽろーんしているのは衝撃である。  なぜか、小学校の時カラカラの喉を潤した水道を思い出す。  ちなみに、私の英語能力は義務教育で培われたものなので、多分性的なことも言ってるであろうこのミュージカルは、ちょっと何歌ってるのかマジでわからない。  でも、おニンニンが出てるというだけで、なぜこんなに面白いんだろう。  そして、ミュージカルは思わぬ方向へ…後編へ続く! <文・マンガ/真船佳奈> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
真船佳奈
酒を飲むと泣く28歳。テレビマン・漫画家。AD生活を綴った漫画「オンエアできない!」を昨年上梓し、平成生まれなのに昭和のギャグ多めな作風が人気に。Twitter:@mafune_kana
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ