Gourmet

イチゴは上と下、どっちから食べる?意外と知らない美味しい食べ方&選び方

サラダに入れると洗練! 相性が良い食材とは?

 イチゴをデザートとして食べるのも良いですが、実はサラダに入れると新たな魅力を楽しむことができます。これは有名レストランなどでも出くわすサラダのスタイルです。
イチゴ サラダ

見た目も格段に美しく洗練!

 ベーコンやクセのある葉野菜などとも絶妙にマッチしますし、サラダの見た目も格段に美しくなります。サラダを作るのが面倒な人には、もっと簡単な組み合わせがオススメ。チョコソース、チーズ、トマトです。
チーズ、トマト、チョコレート

イチゴ+オススメの簡単な組み合わせ(チーズ、トマト、チョコレート)

理由としては、 ・チョコレート→イチゴの酸味とチョコレートの濃厚な甘味がマッチする ・チーズ→爽やかでありながらもイチゴのさっぱり感を濃厚にしてくれる ・トマト→イチゴの甘味を際立たせ、酸味に広がりがでる  例えばイチゴとミニトマト、マスカルポーネチーズ(クリームチーズなどでもOK)を並べ、オリーブオイルやはちみつ、胡椒などをトッピングすると、おしゃれでユニークな前菜が簡単に完成します。
前菜(イチゴとミニトマトとマスカルポーネチーズ)

イチゴとミニトマトとマスカルポーネチーズの前菜

 さあ、いつもとはちょっと違った味わいを追究したい方は、是非チャレンジしてみてくださいね! <文、写真/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ