Gourmet

サバ缶だけじゃない、優秀缶詰5選。ダイエット向きのイカ、ささみetc.

 サバ缶だけじゃない。 缶詰/エスニックカレー(チキン)、いか味付け、たまごかけごはん専用コンビーフ 空前の大ブームとなっている「サバ缶」。皆さんはおいしく楽しめていますか? そればかり食べていると、飽きるのも必至。ほどよい頻度で長く付き合う方が、ダイエットに良いことは明らかでしょう。しかも、改めて缶詰を広く見渡してみると、ダイエットや美容に良い缶詰は、サバだけではありません。  そこで今回は、サバ缶をしのぐ「美容・ダイエットにオススメのおいしい缶詰」を5つ厳選してご紹介したいと思います。

①鮭の中骨

●カルシウム含有量が圧倒的! じんわりおいしい魚缶 缶詰/鮭の中骨 サバ缶に期待される“良質な脂”はさておき、現代人は男女ともに各世代において「カルシウム(Ca)」が不足しています。そのカルシウムをしっかり摂れる缶詰ことが、「鮭中骨」。なんと、1缶に1500mg以上(成人2人分の含有量)のCaを含んでいます。  そして、珍しそうにも思えますが、必ず缶詰売り場に置かれています。中骨とは、鮭の背骨だけを集めたもので、シンプルに塩味で味付けされています。これがしみじみ美味で、活用度も高し。そのまま食べるのはもちろん、みそ汁に加えたり、サラダのトッピングにしたり…。ストック缶として覚えていただきたい筆頭アイテムです。

②鶏ささみ

●ダイエット用に使える肉缶詰。使い切りサイズなので携帯用にも! 缶詰/鶏ささみ ダイエット向きな缶詰と言えば、「鶏ささみ」。糖質ゼロで低カロリーであることや、コンビニの「サラダチキン」よりも“使い切れるサイズ感”が魅力です。また、どんな食材とも合う万能感に優れていて、お弁当に持つだけで、違和感なく美容度を高めてくれることでしょう。糖質オフダイエットをサポートしてくれる頼もしい存在。カバンに携帯するだけで、無理ないダイエット生活をはじめられます。

③いか味付け

●ごはんに炊き込めば、おいしいダイエット向きの主食が完成! 缶詰/いか味付け 多くの缶詰の弱みは、「主役級になりきれないこと」。そんな弱点を覆してくれるのが、「イカの缶詰」。イワシやサバと同様、古くから王道感のある缶詰ですが、これを米に加えて炊き込むと、カンタンにおいしいイカ飯が作れてしまうんです。  しかも、考えて作れば、血糖値の急上昇を緩やかにしてくれるため、白米に比べてダイエット向き。米2合にイカ缶1缶を加え、“とろけるチーズ”や“めんつゆ&オリーブオイル”を足して炊き込んでみてください。炊いている時の“いいにおい”にはじまり、至福の時間を提供してくれます。
次のページ 
美容ダイエット&ごちそう度高めなアイテム
1
2




あなたにおすすめ