Love

パパ活にハマる既婚男性に聞く。きっかけは望み薄な子作りに疲れ果て…

男性たちがパパ活にハマる理由

「パパ活なら1回2万~3万円ほどで素人の女の子とできるなんて、かなりコスパが良いなぁと思いました。しかも、会ってみて写真と違ったらお茶代だけ渡して帰ればいい。お茶代だけなら3000円ほどですから、キャバクラに比べたら安いもんですよ。女の子も別にお茶代だけもらえればいいという子ばかりなので、断るのも気楽なんですよね」 男性たちがパパ活にハマる理由 あっけらかんと語る早見さんだが、奥さんに対して罪悪感はないのでしょうか? 「一応、不倫はしたくないのでパパ活で会う女性とは一度きりと決めています。後は面倒ごとに巻き込まれても嫌なので女性の年齢や職業は必ず確認します。僕はパパ活アプリで相手を見つけているので、女性との連絡はすべてアプリを通しています。電話番号も教えないし妻には迷惑をかけないよう極力、心がけていますね」  一度きりのパパ活なら不倫ではないのだろうか…と疑問は残りますが、奥さんから無能呼ばわりされても怒らないでいられるのは、パパ活をしているという後ろめたさがあるおかげなのでしょうか。パパ活をやっている男性のなかには、奥さんにだけEDという人も意外と多いのかもしれませんね。 ―僕がパパ活を始めたきっかけ― <文/カワノアユミ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】アユミ
カワノアユミ
東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。裏モノ・夜ネタを主に執筆。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは@ayumikawano
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ