Fashion
Lifestyle

おデブ写真をインスタでさらすハメに…恋のライバルに嘲笑された34歳女性の後悔

 洋服を買ったはいいけど、1度しか着なかったという経験はあるでしょうか?  買い物をしているときは、“最高ににあう!”と意気込んでゲットしたものの、日常生活でいざ着てみると…“ナシだな”となったことがある人は少なくないかもしれませんね。
買い物

写真はイメージです(以下同じ)

 決定的にこれはナシだと思わざるを得ない経験をした女性に話をきいてみました。  白石夏希さん(仮名・34歳・派遣社員)は去年の末からヨガスクールに通い始めたそうです。 「ちょっと太り過ぎちゃったからヨガを始めたのに…レッスンの後はご飯がなおさら美味しくて、全然痩せられないんですけどね」  ですが普段コリ固まっている体のあちこちを伸ばすのは大変気持ちが良く、ヨガスクールの皆さんとも打ち解けて良い気分転換になっているそう。 「週1のレッスン後によくみんなで飲みに行くんですが、その中にちょっと気になる男性がいるんですよ」  彼(Fさん・33歳)はグラフィックデザイナーで、最初は彼女と一緒にヨガスクールに通っていたのですが…。

気になる彼が女性とペアルック写真をインスタにアップ

ヨガ「2ヶ月前に彼女と別れてからもFさんはひとりで通ってきていて。明るくて話が面白いうえに聞き上手だし、できる事なら次は私とお付き合いしてくれないかな?と思っていたら…」  ある日、風邪でヨガをおやすみした夏希さんがインスタグラムを見ていると…ヨガスクールに通うある女性がFさんとのツーショット写真をアップしていて目がクギづけに。 「その女性(E子さん・ショールーム受付・30歳)は、最近ヨガスクールに入ったばかりで…なのに、なんでもう二人で写真なんて撮ってるんだよ! キー!! と悔しくて頭に血がのぼりましたね」  しかも、たまたま二人はヨガウエアのTシャツがかぶってしまったそうで「せっかくペアルックなので、バカップルみたいな写真を撮ってみました」と腕を組んで楽しそうにしていたのがシャクにさわった夏希さんは…。

新調したワンピで彼と写真を撮ったはいいけど…

「私はもっと美しい服装でFさんと写真を撮ってやる!と、ちょっと奮発してワンピースを買ったんですよ」  さっそく新しいワンピースを着てヨガスクールに行った夏希さんは、飲み会でFさんの隣の席に座る事に成功しました。 「もう直球で『インスタ見ましたよ。私もFさんと写真撮りたいな』とお願いして、念願のツーショットを撮る事が出来たのですが…」  ぽっちゃり体型の夏希さんは、体のラインや足を隠したいので胸の下で切り返してあるマキシ丈のワンピースを選んでしまったそうで…。 「写真を見たら私のずん胴がきわだっていて、まるでドラム缶みたいでショックでした!試着した時はスゴく可愛いと思って一目惚れして買ったのに…」  店員さんも「すごく似合いますよ! 素敵です」と褒めてくれたそうなのですが。 ドラム缶みたい?「そうしたら、例のE子さんがこっちに来て『あ、一緒に写真撮ったんですか? じゃあ今すぐインスタにアップして下さいよ。私との写真とどっちがいいね! がたくさんつくか勝負しましょう』って言ってきたんですよ」  その言葉の中には、夏希さんがアプリを使って身体を細くしたり、顔を小さくしないようにE子さんが目の前で見張る前で、NO加工の写真をインスタにアップして人目にさらさないといけない状況に追い込む、E子さんのもくろみが隠されていたようで…。
次のページ 
ライバルからインスタに嫌味なコメントが…
1
2




あなたにおすすめ