Gourmet

「ブルーベリーが目に良い」は根拠なし。それでも食べたい3つのメリット

「目に効く」は、もう古くなっていた! ブルーベリー「疲れ目」を癒すために、「ブルーベリー」や「アントシアニンのサプリメント」を摂られている方、いらっしゃいませんか? でも実は、これが少々疑わしい状況になってきています……。  10年以上前にさかのぼりますが、健康番組などの影響により、「ブルーベリー=目に良い」という説が巷に広がりました。しかし、広まる一方で、多くの専門家からは科学的根拠がないという指摘の声もあがっていたのです。  では、ブルーベリーは“健康食材”として失格なのかというと、そんなことはありません! 実は、世界的には健康にまつわるもっと広い分野において、医学的な研究が進んでいるようです。 berry health benefits そこで今回は、先日アメリカ・ポートランドで開催された「ベリーの健康効果にまつわるシンポジウム(Berry Health Benefits Symposium 2019)」で報告があった内容をもとに、「ブルーベリーに関する最新健康情報」から、3つのトピックスをご紹介したいと思います。

①ダイエット・メタボ・糖尿病対策に

 報告(以下、報告の詳細は記事の最後にて記載)によれば、ブルーベリーがインスリン(糖尿病や肥満に直接的に関係するホルモン)の働きを改善したり、腸内フローラに良い影響を与えることで、体重増加を抑制する効果が期待できることが明らかになりました。 ベリー類 これは、ブルーベリーをはじめとする「アントシアニン」を豊富に含む食物の摂取を増やすと、糖尿病※の発症リスクの減少も期待できるということです。現時点ではマウス実験ですが、今後はさらなる研究が進み、人体への効果解明が期待されますね。  ※2型(成人発症型)糖尿病…遺伝的な要因に、運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣が加わって発症すると考えられており、糖尿病患者のほとんどが2型と言われています(厚生労働省「健康日本21」より)。

②心臓・血管の老化を緩やかに

 閉経後の高血圧前症の女性に対して行った8週間の実験では、ブルーベリーが老化による心血管のリスクを下げる可能性があることが判明! ブルーベリー これは、ブルーベリーに含まれる健康成分が、“抗酸化機能※”を高めることによって、血管の健康状態を維持する機能を改善し、血圧を低下させたり、血管老化の原因となる動脈壁の硬化や一酸化窒素の代謝を改善したことによるものと考えられています。  ※老化、がん、シワ・しみや、糖尿病・動脈硬化などの生活習慣病の原因となる活性酸素から体を守る機能のこと。
次のページ 
認知症対策にも?!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ