Gourmet

焼きそば、とんかつ…ソースでグッと格上げ。注目のソース8選

 用途無限大の調味料。 ソースいろいろ 揚げ物や焼きそばに欠かせない調味料と言えば、「ソース」ですよね。その用途は醤油以上に幅広く、お好み焼き、目玉焼き、カレー、炒め物などにも多彩に活躍する、真の万能調味料と言えるでしょう。  しかし最近では、ひとくくりに“ソース”と言っても、中濃やウスターだけでは語れないほど、味も形状(トロトロ、サラサラ、ドロドロ等)もバラエティー豊富なアイテムが登場しています。ご当地ソースあり、こだわり派あり……。  そこで今回は、ソースの最新トレンドをご紹介。気になるソースも合わせて、ご案内したいと思います。

①ウスターソース百花繚乱

ウスターソース 海外で“ソース”と言えば、大概が「ウスターソース」。「リーペリンソース」や「HPソース」というブランドがメジャーで、欧米のホテルでは良く見かける存在かもしれません。  実は日本ではそれをはるかにしのぐほど多様なウスターソースが登場しているので、スーパーの棚に注目してみてください。中でも魚醤(ぎょしょう。魚介類を原材料とした液状の調味料)と赤ワインがポイントの「オジカソース」や、皿うどんのために生まれた長崎「金蝶ソース」が私のお気に入りになっています。  オジカソースは、いつものソースをちょっと格上げしたいときに、金蝶ソースは、甘くないウスターソースを探している人、皿うどんやあんかけ料理にオススメ

②お好みソースも豊かに

お好みソース お好みソースを全国区にのし上げたのがオタフクソース。広島風お好み焼きのブームと共にメジャーになりましたが、最近では「関西風」や「関東風」のお好みソースも身近で買えるようになっています。  また、コンビニのPBブランドでも展開されているため、より身近になりつつあるようです。各地の特徴を引き立てる味わいは、食べ比べするにも楽しいはずです。

③ユニーク、ご当地ソース系も健闘

ご当地ソース 続いては、聞いたことのないローカルソースや、手に取らずにはいられないユニークな名前のソース。 「ポパイソース」は、茨木県のソースメーカーがつくるとんかつ&フライ用のソース。とにかくフライを美味しく食べたい時に、大活躍してくれます。「どろソース」は、ウスターソースの沈殿部分を利用して作られた凝縮ソースで、いつものソースが物足りない人、濃厚さ、熟成系が好きな人はいかがでしょうか。  この他にも、これまでの定番モノから離れて、チャレンジしてみたいと思わせる魅力的なソースがたくさん登場していますよ。
次のページ 
プロに愛用される「太陽ソース」とは?
1
2




あなたにおすすめ