Entertainment

2億円超の新車を買って、1時間後に衝突された人気俳優。過去には瀕死の事故も

 5年前に交通事故で瀕死の重傷を負ったものの、奇跡の復活を遂げたコメディ俳優のトレイシー・モーガンが、またしても交通事故に巻き込まれてしまった。  日本ではあまり知名度は高くないが、アメリカでは超人気番組『サタデー・ナイト・ライヴ』や数々のコメディ映画に出演する大物コメディアンのトレイシー。6月4日(火)、その日に購入したばかりの200万ドル(約2.2億円)相当のブガッティの新車を運転していたところ、ニューヨーク市内でホンダCR-Vに衝突されたという。
トレイシー・モーガン

トレイシー・モーガン

 目撃者はニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄にこう語っている。 「トレイシーは1時間前にその車を購入したばかりで、200万ドルを支払ったと言っていました。まさに買ったばかりだったのに、スクラップになるとは」  ニュージャージー州のナンバープレートを付けたCR-Vの運転手は、右車線から曲がろうとした際に、まだディーラーのナンバープレートが付けられたトレイシーの車に突っ込んだそうだ。  ネット上には、この事故現場を収めた動画がアップされ、騒然となっている。動画には、トレイシーが何やら叫びながら、CR-Vと思われる車両のウインドウを叩く様子が映っている
 事故後、トレイシーは「ご心配ありがとう。自分は全然大丈夫。新車はどうかって? それは様子を見てみないと」とツイート、無事だったことをファンに伝えた。  また、CR-Vを運転していた女性にもけがはなかったようだが、衝突後にトレイシーが叫びながら車に迫ってくる姿に恐怖を覚えたと話しているという。  2億円以上もするぴかぴかの新車に衝突されたとはいえ、そこまで激怒しなくても…という見方もあるだろうが、数年前にトレイシーが経験した事故を考えれば、同情の声も聞こえてきそうだ。

過去には事故で瀕死の状態に

 実はトレイシー、5年前にも交通事故に遭っている。その事故では、同乗していた友人が死去、自身も瀕死の重傷を負った。  奇跡的に回復したトレイシーだが、当時8日間昏睡状態が続き、意識を取り戻してからも6日間は失明状態で、他にも脳損傷や肋骨を骨折するなど重傷だった。  その事故で友人が死亡したことに罪悪感や後悔の念を感じ、一時は自殺することも考えたというトレイシーは、精神医療を数ヶ月受けていた。  日本でも車による事故が頻発し、社会問題となっている。トレイシーの今回の事故では、けが人が出なかったことがせめてもの救いだが、いったんハンドルを握ったら、細心の注意を払って運転することがいかに大切かを再認識させられる。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ