Lifestyle

『ストーカーとの七〇〇日戦争』内澤旬子が語る「恐怖に脅かされる生活は一生続く」

恐怖に脅かされる生活は一生続く

――内澤さんは警察へ相談されて、最終的にA氏には懲役10ヶ月(執行猶予なし)の実刑判決が下っていますが、その当時のお気持ちは? 内澤「反省してほしい、謝ってほしいという気持ちはもちろんありましたが、いちばんは自分の身の安全保障なので、私への接触衝動を含めて“無害化してほしい”と思いました。  事件を起こして収監されると、戻ったときに就職しづらいですよね。でも、社会的に孤立すると、ストーカーになりやすい気質がある人だけに、どこかで私が楽しそうに暮らしている様子を見かけて『あいつだけ楽しく暮らしやがって』って再発するかもしれないという恐怖があるんです。だから、きちんと就職すること、社会とつながることを願いました。  そう言うと、相手の更生を願っている優しい気持ちにみられがちなんですけど、違います。私自身の絶対的な安全保障のため。それだけです」 作家 内澤旬子さん『ストーカーとの七〇〇日戦争』文藝春秋――たとえ相手が捕まっても、恐怖に脅かされる生活に変わりはないんですね。 内澤「彼はもう出所しているし、治療をしたわけでもない。どんな状況なのかを知ることもできません。なので、今も完全に安心はできないんです。  カウンセラーの先生にも、『いつも天敵がいる心構えでいなさい』と言われていますし、実際にそうだと思っています。なので、スマホの電池残量は15%以下にしないとか、すぐに動画を撮れるようにしておくとか、赤信号を待つときは車道からいちばん離れた場所に立つとか、相手が車で通りかかる可能性も考えて行動するとか、必ず注意を払うようにしています」 ――ほかにも気を付けていることはありますか? 内澤「自宅は完全に公開していないですし、住民票の閲覧などもできないように、自治体に毎年申請を出しています。郵便や宅急便は局留めや営業所留めにしてもらったり、仕事関連の物は出版社へ送ってもらうようにしたり、できる限り自宅に人が来ないようにもしています。  それでも、ポストに届くものをゼロにするのは難しいので、どこからか住所が漏れる不安はずっとつきまとっていますね」 ――被害者であるにもかかわらず、事件後も生活面でさまざまな苦労を強いられているのですね。 内澤「毎回荷物を取りに行く手間があるとか、冷凍品は頼めないとか、小豆島に来た友だちを自宅に泊めてあげられないなど、細かい不自由はありますね。それでも、住んでいるところは知られないようにしたいし、安全を脅かすリスクはひとつでも多く減らしたいと思うので、できるだけのことはやり続けなければという気持ちになります。そんな生活が一生続くのでしょう」 (インタビュー後編は後日公開予定) <取材・文/千葉こころ 写真/山田耕司> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ