Lifestyle

花嫁たちのインスタ「#卒婚」「#幸せバトン」がちょっと変

 もう6月も終わりへ向かっているところですが、6月といえば、「ジューンブライド」を連想する人も多いのではないでしょうか。そんな結婚式の主役である花嫁たちのインスタグラム活用が昨今さまざまな広がりを見せています。 インスタ花嫁

「#プレ花嫁」増加中

「プレ花嫁」は「これから花嫁になる人」のことで、2019年5月時点でなんと470万を超える投稿がされています。  2016年3月の約50万投稿(2018年ウエディングパーク調べ)から、なんと10倍近くに。この1年だけ考えても、1.5倍とインスタ世代の花嫁の中では定番ハッシュタグになっているようです。
Instagram「#プレ花嫁」投稿数

Instagram「#プレ花嫁」投稿数
※ウエディングパーク「ハナレポ」より

使い勝手のいい「#ご報告」

 さて、常に私事だらけのインスタグラムではありますが、入籍・結婚に限らず、妊娠、出産といったライフイベントなどで、改まって伝えたいことがあるときに登場するのが「#ご報告」です。 「LINEなどで連絡をしようとすると、どこまで送ればいいか迷うけれど、インスタグラムに限らず、FacebookなどのSNSで上げておけば、形式的に“みんな”に伝えたことになるので、楽なんですよね」 「結婚式にどこまで招待するか」しかり、普段から頻繁に付き合いのある人ならともかく、こういった報告をどこまでわざわざするかは、なかなか難しいところですよね……。

結婚を卒業「#卒婚」が独自進化

 続いては、みなさん「卒婚」という単語をご存知でしょうか? 耳なじみのない人も多いかと思いますが、「離婚はしないけれど、結婚状態を卒業する」という意味の造語です※。
結婚

画像はイメージです(以下同)

 本来の意味を考えると花嫁とは結びつかない卒婚ですが、インスタグラム上ではどうやらそうでもないようです。というのも「結婚式を終えました(もしくは、これからします)」という意味合いで使われている場合があるのです。  そういった時には、どうやら「卒花(花嫁卒業)」というハッシュタグがあるよう。ただ、結婚生活を卒業するまでに至った経緯を切々と綴る酸いも甘いも噛み分けた投稿と、幸せいっぱいのオーラにつつまれた新妻の投稿が混在する「#卒婚」は、前述の3つのハッシュタグほど盛り上がってはいないものの、なかなか変てこな状態となっています。 ※婚姻関係は続けたままだけれど、「夫婦生活を解消」し、お互い自由に生きていくというスタイル。2004年に出版された『卒婚のススメ』(オレンジページ刊 杉山由美子著)で初めて登場
次のページ 
幸せのバトンとは一体……
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ