Entertainment

春ドラマの女優ベスト3。『わた定』吉高由里子のリアルさに感動

最優秀名演賞 吉高由里子『わたし、定時で帰ります。』

『わたし、定時で帰ります。』(TBS系列)で主人公・結衣を気取らず作り過ぎず自然体で演じてくれた吉高由里子に最優秀名演賞を。  結衣は定時で帰るということを除いては取り立てて特徴のないキャラクター。怒鳴る、泣き叫ぶなど感情を露わにすることはなく、そういう意味では視聴者に対して魅せにくいはずですが、そこはかとない魅力を感じました。小龍包を実に美味しそうに食べて、恋人と過ごす様子は微笑ましく、涙を流すときはあふれ出る思いを体全体ににじませて。  何より、このドラマの特徴と言える生々しいセリフは、彼女のまとう飾り気のない空気感によって視聴者の心によりリアルに響くものになっていたと思います。
 この春、あなたを魅了したベストアクトレスも選んでみては? <文/林らいみ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
林らいみ
フリーライター。大学院で日本近世史を研究した硬派の歴女。舞台・映画・ドラマが好物。観たい舞台があれば万難を排して劇場に馳せ参じ、好き勝手言っている。たま~に歴史系記事を書く。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ